2019/06北海道女満別メルヘンの丘
※この掲示板はビットが作成しました。
ようこそうらページへ!(管理人:うら) 書き込み自由、なんでもお気軽にどうぞ!
現在、ロードバイクに挑戦中。初心者向けのアドバイス大歓迎!(^^)
○バイク:XT1200ZE TENERE 2015, SYNAPSE CARBON DISC ULTEGRA [スーパーテネレ紹介ページ]
画面選択⇒
 
■こんなショットも積極的に撮ろう!
Name:うら 21/06/13 16:11 No:25012 file:DSC00257_2.JPG

 
■シジュウカラか??
Name:うら 21/06/13 15:58 No:25010 file:DSC00274_2.JPG

どれも場所は津幡町県民公園
今回はこれ以上のショットはなし。残念。(^^;)

セッティングに迷いが生じています。(^^;)
今のところISO1000、1/640、F9は固定。
AFをAF-CにするかDMFにするか・・・迷っています。

DMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)は
オートフォーカスでピントを合わせたあと、手動で微調整できます。微調整時は拡大表示できます。
最初からマニュアルフォーカスでピントを合わせるよりもすばやくピント合わせができ、マクロ撮影などに便利です。
ただし、その都度シャッターボタンを押さねばなりません。

 
■これはヒヨドリか?
Name:うら 21/06/13 15:52 No:25009 file:DSC00265_2.JPG

ちょっとピンボケ。

 
■テレコン付きでこれだけ解像するとは
Name:うら 21/06/12 18:25 No:25008 file:DSC00213_2.JPG

正直、もう少し悪いと思っていました。(^^;)

たとえば、
E-M1 Mark2、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROに同じく1.4倍テレコン付けたら画質は確実にこれより悪くなっていましたから。(^^;)
※テレコンを付ける前と付けた後での差が大きかったということ
※M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO自体は非常にいいレンズだと思っています。

 
■re イソヒヨドリの雌です
Name:うら 21/06/12 17:40 No:25007 file:

はりーさん>

やはりそうでしたか。(^^;)
ヒヨドリの頭はちょっとぼさぼさなんですね。了解。

下の写真、お母さんが子供に餌を与えていました。
そっか、それを撮るべきでしたねー。残念!(^^;)

 
■焦点距離200mm側で撮ってみた
Name:うら 21/06/12 17:36 No:25006 file:DSC00205_2.JPG

α7III、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS、1.4X テレコン
F9

おおお、ボケはいいですねー。
これは最短距離ぎりぎりあたりでの撮影です。
このレンズ、AFは非常に正確ですね。さすが純正です。(^^)

先ほど、AF-Cの感度を一段階敏感側に上げました。
※5段階で設定可能
600o側でのAF時にちょっとゆっくりしていると感じたので。(^^;)

 
■り;イソヒヨドリ(雌)かも
Name:はりー 21/06/12 16:51 No:25005 file:IMG_0928hiyo.jpg

うらさん
イソヒヨドリの雌です。
雄は綺麗な青

もう一羽は幼鳥か?
ガキっぽいです。

ヒヨドリはこれです。

 
■ヒヨドリ2
Name:うら 21/06/12 13:33 No:25004 file:DSC00224_2.JPG

これはお父さんかお母さん。(^^)
もしかしたらイソヒヨドリ(雌)かも。(^^;)

 
■山中の別荘付近にて
Name:うら 21/06/12 13:31 No:25003 file:DSC00220_2.JPG

たぶんヒヨドリ。
どうやら親子連れのようです。
右が子供。

 
■はじめてのメジロ2
Name:うら 21/06/12 13:29 No:25002 file:DSC00164_2.JPG

 
■はじめてのメジロ
Name:うら 21/06/12 13:28 No:25001 file:DSC00163_2.JPG

今朝はじめてお目にかかりました。(^^)
でもちょっと遠かったし、最初は露出をオートで撮ってしまいました。

本日の撮影はすべてα7III、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS、1.4X テレコン付き

 
■り;ミソサザイ
Name:はりー 21/06/12 09:01 No:25000 file:

ミソサザイは、毎年、鳥取と岡山と兵庫の県境ぐらいにある「若杉原生林」という所で会ってました。
GWの頃です。
すんごい大きな声で鳴くけど、ちっちゃくて地面を走ってます。
薄暗い原生林の地面で、茶色の子が走るので、見つけるのは大変。
つがいを求めて大きな声で、お立ち台に立って鳴くので、鳴いてると比較的見つけやすい。
だいたい、小川のせせらぎの淵あたりに居るみたいです。

 
■こんなのがあるんですね
Name:うら 21/06/12 08:03 No:24999 file:カモフラテント.jpg

カモフラテントというもの。
そっか、これもアリだなー。(^^;)

鳥撮影というのは『魚釣り』と似ている気がする。(^^;)

 
■re サイレントなんて使った事ない
Name:うら 21/06/12 06:05 No:24998 file:

はりーさん>

そうでしたか!(^^;)
α7IIIは一応使えるんですが、はりーさんの言う通り無音なのでよーく見ないと(画面には変化がある)撮れているかどうか私も心配です。(^^;)

電子シャッターの場合、早い動きではゆがみを生じますしねー。(^^;)
※最近の高級機では歪みが少ないらしいが

>ミソサザイ

女房殿の図鑑で確認しました。(^^;)
小鳥の中では最も小さい。で、元気よく鳴くらしいですね。

 
■り;サイレント
Name:はりー 21/06/11 22:33 No:24997 file:K3A_8726miso.jpg

うらさん
いえサイレントなんて使った事ないです。
回りがそこまで静かじゃ無いのかな?
そもそも、ペンタだとできないと思うし。
LUMIXはできますね。全く音がしないので、撮れてるのか不安になるぐらい。

α9だと、メカシャッターのコマ速が秒5コマなんで、サイレント撮影にして、秒10コマもしくは、20コマにする意味は大きそうですが。


在庫からミソサザイ

 
■登山動画は毎回記録しています
Name:うら 21/06/11 20:00 No:24996 file:gannome.jpg

ですが、毎回夫婦のどうでもいい話が入っていますので公開は控えています。(^^;)
この動画、実は女房殿がえらく気に入っているようで。(^^;)

写真は先日の蟹の目山下山時のもの。
途中、このような看板がところどころ木にぶら下がっています。
写真、かんばん内、大日山、小大日山は先日私たちが登ってきた山。

 
■なかなかチャンスがこない
Name:うら 21/06/11 15:13 No:24994 file:DSC09951_2.JPG

たまたま立ち寄った池で。
よーくみると手振れしています。(^^;)

はりーさん>

私はこの時、メカニカルシャッターの連写で撮影したのですが、そのあとで鳥たちが驚いてにげていってしまいました。(^^;)
非常に静かな場所だったのでよけいに驚いたのかもしれませんが。(^^;)
で、一羽だけ残ったので今度は大慌てでサイレントに切り替えました。

はりーさんはいつもどうしていますか?(^^)
最初からサイレント?

 
■ロスレスオーディオの証
Name:うら 21/06/10 21:37 No:24993 file:スクリーンショット 2021-06-10 21.29.57.jpg

スマホ(iPhone)のスクリーンショット。
画面中央下にロスレスの表示あり。(^^)

ただし、パソコン上のiTunesにはこの表示はなし。
音はiPhoneと変わらないとは思う。(^^;)

参考までに、以下関連サイトから抜粋。

**********
3分間の楽曲のデータ使用量は、高効率(HE-AAC)の場合は1.5MB、高音質(AAC 256kbps)の場合は6MB、ロスレス(48kHz/24bit)の場合は36MB、ハイレゾロスレス(192kHz/24bit)の場合は145MBとなる。
**********

 
■またリスニングにエンジンがかかりました!
Name:うら 21/06/10 19:25 No:24992 file:永遠不滅の映画音楽.jpg

今宵はApple Musicで永遠不滅の映画音楽を。(^^)

どれもこれも聴いたことがあるものばかり。
ゆったりとしたフルオーケストラであなたをスペシャルな夜へといざないます。(^^)

PS;私、禁じられた遊びなら8小節ぐらいギター弾けますけど(^^;)

 
■Re:もちろん、なんの異常もなし。(^^)
Name:おたけ 21/06/10 18:24 No:24991 file:

ワクチン接種お出かけご苦労様です(^^)

翌日になると当日より注射の部分が「痛い」筋肉痛が続きます。

並んで注射を待っている時、前の人の腕に注射針が深く刺さるのを見てしまうと...
実は注射が大嫌いなので、骨に刺さるのかと思うほどでした。

 
■コロナワクチン接種してきました
Name:うら 21/06/10 17:09 No:24990 file:

予定の時間より5分ほど前に入りましたが、しっかり予定時間まで待たされました。
私はアレルギーで一度だけ嘔吐したことがあったのでその時の話を一応書いておいたがすんなり接種となる。
ただし、終わってから30分留まるように言われました。(^^;)

もちろん、なんの異常もなし。(^^)
次回接種はは3週間後となります。

 
■こんなのを取り付けました
Name:うら 21/06/10 16:59 No:24989 file:IMG_0740_2.JPG

本来はカメラ側に肩掛けベルトが付いていますがそれでは超望遠レンズを付けたときになんかバランスが悪いしカメラ本体にも負荷がかかる。
超望遠レンズ側にもベルトを取り付ける穴が開いているのですがかといってベルトをその都度付け替えるのもめんどくさい。
そこで、こんなのを見つけました。(^^;)

アンカー リンクスというそうな。
超望遠と通常レンズとでベルトが兼用できますね。
アマゾンで3000個以上売れていました。

 
■CD品質で聴き放題(^^)
Name:うら 21/06/10 14:01 No:24987 file:ブライアンシンプソン.jpg

Apple Music、月980円でCD品質で聴き放題という。
ありがたいこってす。(^^)

おっと、うちはファミリー契約としました。
これだとプラス480円で6人まで利用可能です。

 
■つばめの子供?2
Name:うら 21/06/10 13:33 No:24986 file:DSC09878_2.JPG

つまらない構図ですね。(^^;)

 
■私は今、荒井由実に魅了されている(^^)
Name:うら 21/06/10 09:05 No:24984 file:arai yumi 2.jpg

Apple Musicに作った自作のミュージックプレイリスト。
私は女性シンガーなるリストを作成し、そこに気に入った曲を集めた。
無作為に集めた全26曲。
なんと、気が付けばそのうちの6曲までもが荒井由実の曲だった。(^^;)
※こんなことってある??(^^;)

私は今、荒井由実にとりつかれているのかもしれない。(^^;)

松田聖子の『赤いスイートピー』、石川ひとみの『まちぶせ』、これらも彼女の作品。みなさんもご存じだったかな?(^^;)
※実は昨日まで私は知らなかった(^^;)

 
■re コロナワクチン注射行って来ました
Name:うら 21/06/10 07:13 No:24983 file:

私は今日です。(^^;)

 
■コロナワクチン注射行って来ました
Name:おたけ 21/06/09 21:41 No:24982 file:DSC_2602.JPG

今日お昼休みに地元の公民館で受けてきました
今の時間左手が少し痛いです。
筋肉痛とよく似た感じですね
2回目は6/30の同じ時間同じ場所ですね
2回目は熱が出る方が多いみたいです。
ちなみにワクチンはファイザー社製でした☺️

 
■Apple Musicは確実に音質は良くなっている!
Name:うら 21/06/09 21:25 No:24981 file:

ロスレスになったのだから当たり前のお話しですね。(^^;)

ですが、音質が良くなって印象としては音質が大人しくなった。
これは間違いないと思う。
これまでのApple Musicはデータを圧縮しているので一部で音の鮮度を上げる(というふうに聴こえるように)ために高域を少し持ち上げていたと思うがそれが元に戻ったことによって私などは大人しく感じる。

でもこれがよりソースに近いはず。
うん、なんか安定感がでてきてなんだか頼もしい。(^^)

カレンの歌声がいっそう透明感を増し、かつ、温かみがでてきたぞ。(^^)

 
■パソコンiTunesからも音が良くなっているようだ(^^;)
Name:うら 21/06/09 15:54 No:24980 file:

今、iTunes(Apple Music)でカーペンターズを聴いています。
どうやらパソコンからも何もしなくても音が良くなっているようです。
情報は確認していませんがそんな気がする。(^^;)

PS;自分の耳を信じる限りは『良くなっている』はず?(^^;)
これで『以前のままですよ』ということだとしたら私のオーディオに関する評価記事はなんの役にも立たないということ(^^;)

以前のApple MusicならこのCDをかけているともっとキンキンした音だったと思う。
※無理して高音を強調していたように思う
今はすごく自然に聴こえる。(^^)

ま、いずれにしてもCDの音質そのままで聴けるのはいいことだ(^^)

 
■忘れてましたロスレスオーディオ(^^;)
Name:うら 21/06/09 15:25 No:24979 file:ロスレスオーディオ.jpg

噂は当たっていました。(^^;)
昨日よりApple Musicでロスレスオーディオが配信となりました。

ところが、どうやらパソコンからiTunesを通して聴くかぎりまだ以前のまま?
対応されたのはiPhoneのミュージック(プログラム名)のようです。
※確実にわかっているのはこれだけ

今、両方で同じ曲を聴き比べました。
たしかにiPhoneの音はロスレスになっているようです。
※設定箇所があってそれを設定しなければ従来のまま

iTunesの設定方法がわからないのです。(^^;)
このあと調査してみます。

 
■別の場所の画質も比較
Name:うら 21/06/09 09:53 No:24978 file:全画素超解像ズーム比較2.jpg

いやいや、そんなはずはない。

こちらの画ではやはり左の1.4X テレコン使用のほうがよいようです。(^^;)
左の方が画がなめらかですね。

どうやら1.4X テレコンを使用した画はピントが少しずれていた可能性があります。
ただ、全体にハレーションが起きている感じがしますね。

いずれにしてもその差は僅差。
素人目にはほとんど差がないといってもいいでしょう。(^^;)

今回は絞りを同じとしましたが、実際には600o絞り開放で使用したとすると全画素超解像ズームではテレ側F6.3となりますので有利となることもあり得ます。

ただし、残念ながら全画素超解像ズーム使用時はAFポイントを指定することはできません。問題はこれですね。
※画面中央あたりでAFが効いているようだ

 
■元データ FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+全画素超解像ズーム
Name:うら 21/06/09 09:49 No:24977 file:DSC09684.JPG

倍率は1.4倍としています。
※倍率は1〜2倍まで設定可能

 
■元データ FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4X テレコン
Name:うら 21/06/09 09:47 No:24976 file:DSC09664.JPG

 
■これは驚き!
Name:うら 21/06/09 09:46 No:24975 file:全画素超解像ズーム比較.jpg

全画素超解像ズームの画質比較を行ってみました。
そしたら驚きの結果が出ました。(^^;)
画はいずれも中央等倍表示。

左はFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4X テレコン。
右はFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4X 全画素超解像ズーム

どうですか、右のほうがよく見えませんか??
左は全体にちょっと白っぽい。
対して右はすっきりしている。

実はこの撮影、二度やってます。
なぜなら一度目にこのような結果が出たので確認のためにもう一度やり直したのです。(^^;)
それがこの結果。

うーむ、これってどういう風にとらえたらよいのでしょうか。(^^;)
だったら1.4X テレコン買うんじゃなかった・・・。(^^;)

 
■初心者にはこのズームレンズはいいと思う
Name:うら 21/06/08 19:53 No:24974 file:

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSはズームレンズ。
ズームレンズというのは飛んでいる鳥を狙うのには適していると思います。
ワイドで鳥をファインダー内におさめ、次にズーミングで拡大する。
これがもし600o単焦点だと追いかけるのに一苦労するはずです。(^^;)

フォーカシングスピードも長い割には素早いと感じました。
重さに関してはこんなものでしょう。

このレンズが到着して3日目ですが手振れもだいぶ落ち着いてきました。
あと2、3日すればもっと良くなると思います。

おっと、今日も全画素超解像度ズームを試しませんでした。天気が良ければ明日こそやってみたい。
実験としては、テレコンをはずして全画素超解像度ズーム(1.4倍)で撮影し、実際のテレコン付き画像とどれだけの違いがあるのかを確認します。

くどいようですが1.4X テレコン使用でこの画質はご立派としか言いようがありません。(^^)

 
■解像感は申し分なし!
Name:うら 21/06/08 19:41 No:24973 file:金沢港20210608.jpg

α7III、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS、1.4X テレコン
F9 1/1000
画面中央等倍表示

ターゲットまでは15〜20mほどでしょうか。
私としては十分な解像感です。
羽毛のふんわり感が伝わってきますよね。(^^)

それにしてもトンビ、なかなか精悍な顔つきです。

 
■かもめぐらいならAFは食らいついてくれるのかな
Name:うら 21/06/08 16:36 No:24972 file:DSC09489_2.JPG

ご覧のような結果です。
これなどもそこそこですが手振れ補正モードのせいかガチピンとまではいかないですね。

フォーカスエリアをゾーンにするとファインダー内でまずファインダー面積の1/4ほどの長方形が点線で表示されます。※この長方形は移動させることができます。
その中に鳥がいると例の小さい長方形AFマークがたくさん表示され、枠内で鳥が移動するとそれを追いかけます。
見ていると枠内なら高い確率で追従してくれるようです。
が、どの程度までAFが効いているかというと常に100点満点とまではいかないようですね。(^^;)

三脚についてですが、当分は使わないと思います。
正確に言うと、私がFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSを振り回すのではなく、振り回されています。(^^;)

 
■re トビとウミネコ
Name:うら 21/06/08 16:25 No:24971 file:DSC09402_2.JPG

了解です。
そっかトンビか・・・。(^^;)

見ていたらけっこうカラスとやりあっていましたよ。(^^;)

で、羽がちょんぎれていないのがこれ。これ一枚です。
あとはみんな上が少し切れていました。(^^;)

手振れ補正モードスイッチも試しませんでした。
次回は必ず試します。(^^;)

※基本設定のままでしたけどそこそこ写っていますよね。(^^;)

 
■トビとウミネコ
Name:はりー 21/06/08 14:01 No:24970 file:

トビは、唯一尾羽がバチ状になります。
他の猛禽は尾羽の先が丸いんです。
あまり狩りをしないし、大きいのにカラスにも負けるのであまり人気がありません。
ウミネコは目つきが悪い。
カモメ類の中では唯一の留鳥です。(他のは渡り鳥)


羽の先が切れて残念でしたね。

 
■港の帰りに本屋へ寄ったら
Name:うら 21/06/08 13:31 No:24969 file:IMG_0737_2.JPG

こんな本が置いてありました。(^^;)

 
■金沢港5
Name:うら 21/06/08 13:10 No:24967 file:DSC09369_2.JPG

動きものの撮影はこれまでほとんどやったことはなし。(^^;)

フォーカスモードはAF-C、。
エリアは最初はフレキシブルスポット。
途中でそれではだめだと気づいてゾーンに変更。
これだとけっこう食いついてくれました。(^^)

このように手前に飛んでくるものにもけっこう追従してくれました。

 
■金沢港4
Name:うら 21/06/08 13:07 No:24966 file:DSC09302_2.JPG

 
■金沢港3
Name:うら 21/06/08 13:07 No:24965 file:DSC09403_2.JPG

なかなか迫力がありますね。
まるでソニーのホームページで使われている写真のよう。(^^;)

たまたまの出会い頭の写真です。(^^;)

 
■金沢港2
Name:うら 21/06/08 13:06 No:24964 file:DSC09310-5.jpg

 
■金沢港1
Name:うら 21/06/08 13:05 No:24963 file:DSC09264-5_2.JPG

この鳥がなんなのかまだわかっていません。(^^;)
あとで調べます。

 
■り;ライフル銃を撃つような気持
Name:はりー 21/06/08 10:17 No:24962 file:OLYMPUS_EE-1.jpg

うらさん
Gitzo は元々ライフル銃の台座のメーカーです。

三脚を使用するなら、ダットサイトが有効ですが
手持ちの場合は使いにくいです。

三脚はまた別の沼がありますが
たぶん、近寄らないんでしょうね。

OLUMPUS カメラ用ダットサイト

 
■デノンは昨年10月で110周年
Name:うら 21/06/08 08:56 No:24961 file:


マランツを購入した私ですがもちろんデノンさんは一番気になった存在でした。(^^;)
四日市むせんさん、実はDali好きです。(^^;)

 
■re 鳥は基本「餌があるところ」に居ます
Name:うら 21/06/08 07:28 No:24960 file:

頭ではわかっていますが、知識がついてきていません。(^^;)

先日の公園で見ていたら、1本の松の木に数羽の鳥がかわるがわる飛んできたりもしていました。あれは縄張りを主張しているのでしょうか?

それよりも今は安定して構える方法を会得したいです。(^^;)
1日目より2日目とだんだんと安定してきているのは自分でも感じていますが。
左手はズームリングあたりを持ってますがリングの握り方にもいろいろあってどうしたらよいものかを試行錯誤しています。
左手のヒジは胸の上に押し付ける感じで使用しています。
呼吸法をどうしたらよいものか・・・。
息を止めるとよけいに悪いという話も聞きますし。(^^;)

シャッターは祈りを込めて押しています。(^^;)

PS;まるでライフル銃を撃つような気持になっています。(^^;)

 
■り;見当がつきません
Name:はりー 21/06/07 22:27 No:24959 file:tree_sparrow2.jpg

まぁ、そう簡単では無いです。
師匠がいれば、ついて回るという手があります。

鳥は基本「餌があるところ」に居ます。
何を食べるかを知れば良い訳です。
鳥が居る木と、いない木がありますよ。
同じように実がなっていても、好んで食べる実がありますよ。
木の実以外だと、虫ですね。
虫の方が栄養価が高いです。
干潟には、ゴカイとかの虫がいて、こちらも栄養豊富です。
虫を食べる鳥、木の実を食べる鳥
だんだん分かってきますよ。

スズメを一枚

 
■残念!(^^;)
Name:うら 21/06/07 22:17 No:24958 file:DSC09128_2.JPG

家から400mほどの地点でキジをみっけ!(^^)
すぐにレンズを向けたのでしたがこの通り。
さっさと逃げられてしまいました。(^^;)

残念!

 
■re ええとこですね
Name:うら 21/06/07 17:09 No:24957 file:

はりーさん>

ありがとうございます。
住人としては今一つ実感がありませんけど。(^^;)

オオヨシキリは撮影が楽でしたがそれ以外はとんと見当がつきません。
たまに木にとまった鳥を見つけてレンズを向けると飛んで行ってしまうという。
※警戒心が強い!
せめてスズメでもと思っていたのですが今朝からほとんど見かけません。
いったいどこに行ったのでしょうか?(^^;)

カメラの構え方にしても今日は試行錯誤の連続。
鳥の撮影の難しさがだんだんとわかってきました。(^^;)

 
■り; 河北潟
Name:はりー 21/06/07 13:39 No:24956 file:P1380318kouzan.jpg

ええとこですね。
近いのが一番良いです。毎日でも見に行ける。
干潟は、シギチ(シギ、チドリ)やカモ類の楽園です。
海の干潟、ため池の干潟、湖面、砂浜、等は遠い代わりに見つけやすいです。
田圃も割と見つけやすい。
対して、里山の森、ブナの原生林、低山の森などは、見つけるのは大変ですが、割と近い時もあります。小型の陸鳥が多いです。
猛禽は守備範囲外なのであまり知りませんが、原野とかにも居るかな?
鷹柱と言って、山の方で上昇気流が発生するスポットにタカ類が集まって来て、上昇気流に乗って遥か上空へ上り、滑空して遠方へ渡って行きます。
わずかの間に数十のタカ類を見る事ができたりします。
ぼちぼち頑張って下さい。


六甲高山植物園
Lumix GX8 + ED 9-18mm F4.0-5.6

 
■Apple Musicのロスレスオーディオ配信はいつから?
Name:うら 21/06/07 11:43 No:24955 file:

アップルから正式な発表はまだ行われていませんが、ひょっとしたら明日の午前2時ごろかという情報が出ています。(^^;)
楽しみです。
といってもすぐにすべての曲がロスレス配信になるのではなく徐々に対応していくらしいのですが。(^^;)

 
■アオサギ
Name:うら 21/06/07 11:26 No:24954 file:DSC09059_2.JPG

アオサギさんはいたるところにいます。(^^;)

 
■河北潟のご紹介
Name:うら 21/06/07 10:43 No:24953 file:

河北潟は家から車で5分のところ。
以下、ホームページより。
**********
河北潟は古くは「蓮の海」と呼ばれ、日本国内でも有数の潟(せきこ)でした。国営干拓事業により湖面は往時の三分の一となりましたが、冬のガンカモ類、春から秋のシギ、千鳥類など、生息や飛来が確認される野鳥の数と種類は石川県でも屈指の野鳥の楽園です。野鳥の宝庫と呼ばれ、バードウォッチングに訪れる人も多いです。

これまでに河北潟で生息や飛来が記録されている野鳥は180種類以上、最も多いシギ、チドリ類、ガンカモ類などの水鳥が全体の三分の二、ついでオジロワシ、ハヤブサなどの猛禽類も多く二十種類以上が確認されています。希少種のアイノスリの定期的な飛来も確認されています。

干拓地付近の水田や水辺には毎年ハクチョウが飛来し、冬場には越冬する白いハクチョウの群舞が見られます。また、湖面に二万羽を超えるカモの仲間が集まり、特に世界的に減少傾向にある希少種で、日本では北陸地方が主な生息地とされているトモエガモなどの姿も見られます。
**********

 
■オオヨシキリ2
Name:うら 21/06/07 09:47 No:24952 file:DSC08947_2.JPG

車の中からフロントガラス越しに撮影したのですがすべてピントが合っていませんでした。
なーるほど、こうなるんですね。知らなかった。(^^;)

 
■オオヨシキリ1
Name:うら 21/06/07 09:46 No:24951 file:DSC08943_2.JPG

場所:河北潟(近くの干拓地)

α7III、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS、1.4X テレコン
iso400 f9.0 1/640

 
■ハクセキレイ
Name:うら 21/06/07 07:50 No:24950 file:DSC08939_2.JPG

自宅前の電線にとまっていました。(^^)

うーん、すごくいい感じで写っています。(^^)
羽毛のふんわり感が感じられますね。

ISO400 9.0 1/1250

 
■個人登録のものをこっそりファミリーで使ったら?(^^;)
Name:うら 21/06/07 07:20 No:24949 file:

残念ながらそう簡単にはできないようになっています。(^^;)

たとえば、私が二階でApple Musicを利用しているとしましょう。
そして一階で女房殿が自分のパソコンでApple Musicを使おうとしてアプリを起動すると次のような表示がされます。

『ほかのデバイスがすでに利用しています。』

そうなんです。
登録したアカウントごとに使用中のデバイスを管理しているのです。
この表示がでたあと自分のデバイスは利用不能となります。
個人登録で利用できるデバイスは1台のみとなっています。

ところが、ファミリー共有の場合はこのデバイスが複数台同時利用可能となります。(^^;)
※同時利用6台まで可能

 
■Apple Musicのファミリー共有
Name:うら 21/06/07 07:09 No:24948 file:Apple Music ファミリー共有.jpg

Apple Musicを利用していますが、先日女房殿が『私もやりたい』といってきたのでファミリー共有することとしました。

個人で登録すると月980円となりますが、ファミリー共有の場合は6人までが月1480円となります。
個人で利用する場合とサービス内容はすべて同じ。
じゃあ違うのはなにか?
それは音楽リストを共有するということ。すなわち、だれもがそのリストを共有せざるを得ないということなのです。(^^;)

早い話、私がこれまでせっせと作成した音楽リストを女房殿がいつでも見られるし利用することもできるということ。
内緒の音楽リストは作成できないということになります。(^^;)

ま、音楽ですから見られて困るというリストはありませんので問題はないのかなと思っています。

面白いのはファミリー共有は6名まで登録できるということ。
しかも、ファミリーであるという証明はいらず、それどころか仲のいいもの同士であればいつでも誰とでもファミリー共有を利用することができるのです。
こうすると、1人あたり月250円ほどでApple Musicが利用できるということになりますね。(^^)

ps;くどいようですがこの場合、音楽リストを全員で共有するということになります。たとえば、音楽リストの先頭に自分の名前かイニシャルを付けておけば自分専用の音楽リストが簡単に作成できるのかなとは思いますが。(^^;)

 
■やはりGPSMAPがないと迷う確率は大
Name:うら 21/06/06 19:26 No:24947 file:蟹の目山002.jpg

今日の山はちょっとマイナーな山。
途中の案内看板もいいかげんだったりなかったりでGPSMAPなしではたぶん道に迷う確率が大だろうと思いました。

GPSMAPがあると自分たちが今どこにいるか、現在の高さ(高さが分かるとあとどれだけ登らなければならないかが分かる)、等高線の密度からこれから先の道の難易度などが瞬時に分かって精神的に非常に助かります。(^^;)

 
■蟹の目山(がんのめやま)
Name:うら 21/06/06 19:17 No:24946 file:蟹の目山20210606.jpg

今日は山中温泉蟹の目山へ行ってきました。高さ689m、コース6q、5時間の登山。
ここからは先週登った大日山などが見えます。

 
■re ゼブラ機能はお使いでしょうか?
Name:うら 21/06/06 07:06 No:24945 file:

はりーさん>

それ、忘れていました!(^^;)
今度使ってみます。

今日はこれから登山。撮影は明日になりそうです。(^^;)

 
■白飛び防止
Name:はりー 21/06/06 00:05 No:24944 file:PL9A0487ef400.jpg

釈迦に説法かと思いますが
ゼブラ機能はお使いでしょうか?
場合によっては、白飛びも辞さずという場面もありますけどね。

https://www.sony.jp/support/ichigan/enjoy/dialogue/zebra/



長さだけなら、あまり変わらないかも?
合計レンズ部分が約38cmあります。(フード込み)

 
■り;ISO800で絞り10、SSは1/1000。
Name:はりー 21/06/05 23:56 No:24943 file:A6606868jyoubi.jpg

昼間、外だとこういう撮り方ができるのですが
少し曇ったり、森の中だとなかなかシャッタースピードが上がりません。
たぶん、FE200-600+1.4xの望遠端開放はF9でしょうか?
開放、1/125s〜1/250sでも撮ってみてください。
その辺を使わないといけない時も多いです。
手持ちの1/125はやや苦しいかもですが。
逆に、カワセミの飛び込みとかを撮る人は、最低1/1600sだとか言ってました。
1/1000では止まらないんだと。
これも、やってみないと分かりませんね。
EXIFがあるので、あとから確認しやすいです。

鳥は案外静止してます。
動くと速いので、1/1000でもブレる時ありますが

α6600+EF400mm+1.4x(手持ちです)
1/13s 換算840mm
いろいろやってみてください。


※白いサギですが、首の曲がり具合から言って、たぶんダイサギだと思います。

 
■FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4倍テレコン4
Name:うら 21/06/05 19:18 No:24942 file:DSC08555_2.JPG

もういっちょアップしときましょう。(^^)

厳しい見方をすると(^^;)、アオサギの白い一部分が白飛びしていますね。
今日のところは標準の露出で撮影しましたが明日からはもう少しアンダーで撮ろうかと考えています。

それにしても初めての写真ですが美しいですねー。(^^)

 
■解像感
Name:うら 21/06/05 17:46 No:24941 file:解像感.jpg

α7III、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4倍テレコン
画面中央等倍表示。

これくらいの距離でこれだけの解像感ということがわかりました。
ただ、今日はまだ手振れもしているでしょうし(^^;)これから修行を積むともう少しよくなるかもしれません。

あと、全画素超解像ズームも試してみたいところです。

ISO800で絞り10、SSは1/1000。
私としてはこのあたりが妥当だろうと判断しました。

 
■野鳥小図鑑
Name:うら 21/06/05 16:57 No:24940 file:IMG_0734_2.JPG

女房殿が35年ほど前に購入した野鳥図鑑がありましたのでお借りすることにしました。
(^^;)
ここでは316種類の鳥が登録されていました。
これによると下の鼠色の鳥はアオサギ、白い方はコサギかチュウサギですね。たぶん。(^^;)

 
■下の画の撮って出し
Name:うら 21/06/05 16:34 No:24939 file:DSC08482.JPG

鳥さんまでの距離は15〜20mほど。
これでこの大きさになるんですね。なるほど。

ということはもっと小さい鳥なら・・・、
すごく小さい。(^^;)
それでいて羽毛まで解像させようとしたら・・・。
必然的にα7RWあたりが必要となるんですね。なーるほど。

まあプロでもないんだからそこまで欲張る必要はないし、私としては十分満足しています。(^^;)

 
■FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4倍テレコン3
Name:うら 21/06/05 14:28 No:24937 file:DSC08482_2.JPG

テレコン付きは車の中からの撮影。

ターゲットからは15m〜20mほどでしょうか。
この画はトリミングしていますの上に撮って出しを表示します。

 
■FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4倍テレコン2
Name:うら 21/06/05 14:27 No:24936 file:DSC08434_2.JPG

 
■FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS+1.4倍テレコン
Name:うら 21/06/05 14:26 No:24935 file:DSC08251_2.JPG

近所の田んぼで撮影しました。(^^;)

 
■FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSの画像
Name:うら 21/06/05 12:05 No:24934 file:DSC07988_2.JPG

下の画像をリサイズしました。

画質は予想していた通りいいですね。(^^)

はじめてファインダーを覗いてみての感想は、
おおおお、ファインダー内の映像がブレブレだー。(^^;)
カメラの構え方から勉強しなおさないといけません。(^^;)

さあ、午後からはいよいよ1.4倍テレコンを付けての撮影です。

 
■画質チェック
Name:うら 21/06/05 12:03 No:24933 file:hikaku20210605 001.jpg

左がFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS、右はM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

両方ともテレ端中央等倍表示。

うーん、ここまで違うんですね。(^^;)
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS、さすがお見事です。(^^)

PS;M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIはもう二度と使うことはないと思います。(^^;)

 
■大砲到着!(^^)
Name:うら 21/06/05 12:00 No:24932 file:IMG_0733_2.JPG

まずは大きさに圧倒されました。(^^;)
上がE-M1 Mark2+M.ZUIKO DIGITAL 75-300mm
下がα7III+FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

 
■re 傷防止が主かな?
Name:うら 21/06/05 09:52 No:24931 file:

はりーさん>

やはりそうですか。
了解しました。私も昨日一番やすいやつを注文しました。(^^;)

 
■り;レンズカバー
Name:はりー 21/06/04 20:18 No:24930 file:P1380301VH-30R.jpg

うらさん、双眼鏡も楽しいですよ。
まず、目視で確認して、そのまま双眼鏡をかぶせる感じ。

レンズカバーは、フィールドへ持ち出すので、傷防止が主かな?
レンズに迷彩カバーといっても、後ろの人間の方が目立ちますからね。
ぼくは、ええかげんな迷彩カバーを付けてるだけです。

レンズは長いですが、これ以上伸びないですから。
100-400も伸ばすとあんまり変わらないですよ。


軽量なHD560mmF5.6は、たった3キロです。
φ130.3x521.7 mm

 
■カバー
Name:うら 21/06/04 15:39 No:24929 file:カバー.jpg

こんなのがありました。

それにしてもでかい。(^^;)
横から見るとこんなに長いんですね。(^^;)
重さ2115g、長さ318mmとなっていますが

 
■re 日本で500種・・・頑張って200
Name:うら 21/06/04 15:12 No:24928 file:IMG_0732_2.JPG

はりーさん>

ご推薦の双眼鏡届きました。
※ご紹介、ありがとうございました。
これって防水なんですね。到着してから知りました。(^^;)

>日本で500種が見られると言われますが、そこそこ頑張って200だいぶ頑張っても300

そうでしたか。
これからどんな鳥さんと出会えるか楽しみです。(^^)
まずは近所にいる鳥さんから、ですね。

ところで、
大砲レンズに迷彩柄のカバーを付けている人をよく見かけますが、あれはおそらく動物に警戒心を与えないためなのかなと思っていますが、あれって必要ですか?
※単に汚れ防止?(^^;)

 
■鳥見の事
Name:はりー 21/06/04 10:21 No:24927 file:P1261872akaeri.jpg

撮影はされずに、双眼鏡やフィールドスコープで観察するだけの方もいますが
写真を撮る身からすると、やはり爪あとは残したいと思ったりします。
鳥を撮っておられる方は、比較的高齢の男の人が多いです。
最近は、若い方も増えたし、女性のバーダーも増えました。
高齢の男の方は、風景写真やお花を撮っていて鳥に移行してきた方とか多いですね。
鳥は難易度が高い事。
季節で撮れる鳥が変る事
日本で500種が見られると言われますが、そこそこ頑張って200
だいぶ頑張っても300に届く人は少ないです。
なので、誰もが、まだまだ見たことが無い鳥がたくさん居るという状況です。
やはり、ある程度やりつくしてしまうと興味が失せますから。
もちろん、珍鳥だけでなく、毎年渡ってくる季節の鳥でも、美しく残してやれる事はまれで、モデルさんじゃ無いですが、ポートレイト撮影の楽しみもあります。
肖像権が無いのもいいですね。
楽しみはそれぞれ。
楽しい事は良い事ですね。


アカエリヒレアシシギ
滅多に会えない旅鳥です

 
■心に染み入る音楽を発見
Name:うら 21/06/04 08:26 No:24926 file:チェロ.jpg

それはチェロです。(^^)
あるところでチェロの楽曲を聴いて感動しました。
当分の間、これにはまりそうです。(^^;)

チェロを聴くときはボリュームをこれまでよりも2割ほど上げます。
でないと生の音よりも小さいので。
ボリュームを上げ目をつむると、目の前でチェロ奏者が弾いてくれているかのよう。(^^)
しかも弓で弦をこする様子までもが感じられます。(^^)

 
■台所にて
Name:うら 21/06/03 18:06 No:24925 file:DSC07289_2.JPG

 
■航空機撮影にも使えるぞ(^^)
Name:うら 21/06/03 08:42 No:24924 file:航空機撮影.jpg

航空機撮影にも挑戦したいですね。(^^)

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSの作例はいくつか見てきていますがコストパフォーマンスは非常に高いと思っています。
値段の割には画質もいい。

難点は重いことぐらいでしょうか。(^^;)
※これから腕っぷしを鍛えねば(^^;)

 
■re はたまた別のモノを撮るのかは不明
Name:うら 21/06/03 07:22 No:24923 file:

はりーさん>

撮るのは鳥はもちろんですがなんでも撮りたいと思っています。
焦点距離が200〜600というのは使い勝手がいいのでこれまで撮れなかったものが撮れるのではと期待しています。(^^)

子供たちを撮るのもいいですね。
スポーツ撮影にも活躍しそうですし。
ジムニー君を使えばそれなりに森へ奥深くも入れそうだし。

> Vixen アトレックII HR8×25WP

手配しました。(^^)
先日の鳥さん撮影で、いかにして鳥を探すか、まずはそこが大事だということを知りました。(^^;)
今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。(^^)

 
■200-600に1.4xテレコン
Name:はりー 21/06/02 22:07 No:24922 file:K0000857894.jpg

おぉ、すばやい
うらさんがこれから鳥を撮るのか、はたまた別のモノを撮るのかは不明ですが、手持ちができる超望遠という事で、指先でズーミングができるインナーズームは使い勝手が良いと思います。
鳥を探すなら、あまり高価でなくても良いので、8倍程度の双眼鏡を入手されるが良いです。
良い(明るい)双眼鏡は重いですし、観察というより識別のための双眼鏡ですから。
8×25ぐらいで良いと思います。8×21でも
ボクが前に使ってたやつの新型が Vixen アトレックII HR8×25WP か、Vixen コールマンHR8×25WP(どちらも15Kぐらい)あたり(例です)
8×25の8は倍率、25は口径です。これが8×30とかだと明るいけど重くなる。あと、アイレリーフですが、眼鏡の人は最低15mmはあるといいです。
倍率ですが、8倍というのは、80m先のものが10m先ぐらいに見える事。
倍率が上がるとブレて見つけにくいのと、倍率に比例して視野角が狭くなります。
鳥を探すには8倍ぐらいが良いです。ズーム双眼鏡はダメダメですよ。

手持ちで使える鳥用望遠としては、200-600とRF800ぐらいですが、先に書きましたが、RF800は最短が6mなんで、チャンス(近くに来た時)悔しい思いをしそうですから。
うらさんとこは、家からあまり行かなくても自然豊かですし、輪島の沖に「舳倉島(へぐらじま)」というのが有って、渡り鳥の中継地点で有名ですよ。
楽しんでください。

そうそう、FE 70-200mm F4 G にはテレコン付かないんですね。残念

 
■re FFだと、200-600に1.4xテレコンがスタートです
Name:うら 21/06/02 20:36 No:24921 file:

先輩の言う通りに注文しました!(^^)
※もちろんテレコンも

これまでもやもやしていましたがこれでスッキリしました。(^^;)
で、なんと、今回はソニーストアから購入。実は、〇タムラよりも安かったので。
土曜に到着予定。

ああ、これで当分ソニーで行くということになりそうだ。(^^;)

 
■り;またそう迷うようなことを言う。
Name:はりー 21/06/02 14:10 No:24920 file:

鳥屋の600mmは標準レンズです。800mmからが勝負。
ビデオの方は、10m以内で撮れればと言ってますが、そんな環境はうらやましい限り。シマエナガを撮ってるので、北海道の少し田舎の方かな?
それはともかく
FFだと、200-600に1.4xテレコンがスタートです。
タムロンの150-500の良いところは、望遠端が高解像(という話)で13-4万円という実売価格。(価格が魅力)
ただ三脚座を付けると1.9キロほどになります。
テレコンが付かないので、APS-Cでももう少し短い。
対する純正200-600は、望遠端まで高解像なのと、インナーズームなので伸びない事、テレコンが使える事、重さが2.2キロ程度なこと。
お値段が22万ぐらいしますが。
100-400は200-600より高いしね。
僕の用途だと、やはり200-600一択になります。
もちろん、400mmや600mm単はお値段高すぎですから。
余裕があれば、引いた絵を撮ってみたいという気持ちはありますので、Zoomも良いかな?と思います。

余談ですが、RF600やRF800mmは、F11というのもありますが、最短が600で4.5m、800だと6mというのがネックです。
APS-Cボディが出れば、600mmというのは有りかもしれません。
僕のEF400mmは3.5m、HD560mmは5mが最短で、結構苦しい


 
■美しいRubicon2
Name:うら 21/06/02 13:41 No:24919 file:DSC07928_2.JPG

音も美しいが姿も美しい(^^)

DaliのRubicon2。
国内ではメーカーとしては人気のB&W 705S2 (352,000円)706S2(266,500円ペア)あたりと比較されるかもしれませんが、私はあえてRubicon2を選びました。(^^)
Rubicon2、308,000円ペア価格

トールボーイか小型ブックシェルフかでも迷いましたが、すでに4312Gを持っているので音の純度の高さからブックシェルフを選んだというわけです。
あらかじめYoutubeで音は聴いていましたので心配はなかったのですが、予想以上に低域が素晴らしかった。(^^)
解像度の高さも申し分なし!
中高域は頑張りすぎていないところがいい。
※聴き疲れしない

 
■re 100-400では全然足りない
Name:うら 21/06/02 12:52 No:24918 file:

はりーさん>

またそう迷うようなことを言う。(^^;)
でも、人物撮影ならFE 70-200mm F4 G OSSでも十分足りてる気がするしで、FE200-600mmのほうが面白そうだとは思う。(^^;)

あああぁ、悩むところです。(^^;)

 
■お散歩写真3
Name:うら 21/06/02 12:49 No:24917 file:DSC07882_2.JPG

 
■お散歩写真2
Name:うら 21/06/02 12:49 No:24916 file:DSC07836_2.JPG

 
■お散歩写真1
Name:うら 21/06/02 12:48 No:24915 file:DSC07828_2.JPG

昨日のレンズはFE 70-200mm F4 G OSS。
今日はFE 24-105mm F4 G OSS(^^;)

ということで昨日と同じ場所でもう一度撮り直し。

 
■り;レンズ
Name:はりー 21/06/02 10:43 No:24914 file:P1380289VH-30R.jpg

・FE100-400GM(タムロン150-500と迷うところ)
・FE200-600G(鳥、小動物撮影には欲しいレンズ)
・FE50F12GM(人物撮影には欠かせない)

FE50はともかく、Eマウンの場合、僕ならFE200-600一択です
まず、100-400では全然足りないので、200-600にAPS-Cかテレコンです。
リモコン撮影とかなら、100-400の最短が短いのも有利ですが、そんな面倒な事しないし、600mmF4を買う気は無いし。
テレコン無しで良いならSIGMAの100-400も要検討ですが、その辺の代替え機はいろいろある。
タムロン150-500はまだ作例も見てませんが、テレコンが使えない時点で脱落です。
重さから行くと、100-400より200-600に近い重さですし
a7ivの様子見ですが、a7iiiは、追尾AFが一世代前なんで、むしろa9かな
a9は秒5コマですが、電子シャッターなら20コマが可能です(使うのは10コマだと思うけど)
新しいイメージャが乗ったオリンパスかパナのm4/3機か、Fujiからも200-600mm等が出るみたいなんで、そちらの様子見の方が楽しみです。
m4/3なら300mm単だろうなぁ
新しい、SONYのAPS-C機はVLOG機で、a6400のイメージャだしね。
どうして2600万画素のFUJIやK3-3に出してるやつを乗せないのかな?と思う。

これが新しいおもちゃ
まだ実践投入してない

Leofoto VH-30R

 
■欲しいレンズの優先順位を考える(^^;)
Name:うら 21/06/02 10:25 No:24913 file:

買えるかどうかは別として、優先順位をもう一度考えてみましょう。(^^;)

現在所有レンズは

・FE 24-105mm F4 G OSS
・FE 70-200mm F4 G OSS
・FE50mmf1.8
・85mm F1.4 DG DN(シグマ)
・MC-11マウントアダプター(これですべてのキヤノンEFレンズが使用可能となる)

そして欲しいレンズは以下の通り。
※レンズはいずれもソニーeマウントですがソニーと心中すると決めたわけではありません。念のため。(^^;)

・FE100-400GM(タムロン150-500と迷うところ)
・FE200-600G(鳥、小動物撮影には欲しいレンズ)
・FE50F12GM(人物撮影には欠かせない)

FE100-400GMかFE200-600Gかは非常に迷うところ。
両方買うという手もないことはないが現実には難しいところ。(^^;)
何を撮りたいのか、そこが一番大事。
やっぱり私は人を撮りたい。そう考えるとFE100-400GMのほうが優先順位は高いか。これなら2倍テレコンも使えるし、カメラ内の全画素超解像ズームも自由に使える。
動画撮影ももちろん考えている。
タムロンの150-500もなかなか良さそう。だけどAFスピードでは純正に分がある。
いくら画質がよくてもAFスピードが遅いのではチャンスを逃す。

ああ、そう考えるとFE100-400GMが先かなー。(^^;)

 
■ハイエースフロントサス
Name:うら 21/06/02 08:31 No:24912 file:


四駆のフロントサス。へー、ハイエースのフロントってダブルウィッシュボーンだったのですね。(^^;)
そしてリアは昔ながらの板バネだったかと。※このほうが荷室のスペースがかせげる。

ところで、もうお気づきでしょうが、私こういったサスペンションの動画が好きです。理由は自分でもよくわかっていませんが。(^^;)

 
■大型アドベンチャーバイクでトライアル?
Name:うら 21/06/02 08:11 No:24911 file:


途中、トニー・ボーが出てきますが彼は今現在のトライアル世界チャンピオンです。
いやー、迫力がありますね。(^^;)
私も昔スーパーテネレでウイリーをやってみたことあるんですが、こけると出費がものすごいことになるのでやめてしまいました。(^^;)

 
■全画素超解像ズーム
Name:うら 21/06/01 20:14 No:24910 file:全画素超解像ズーム.jpg

α7IIIも使えるんですけど私使ったことないです。(^^;)
明日使ってみましょう。

先ほど設定方法を確認しました。
あらかじめズーム倍率をセットするというのがミソ。(^^;)

 
■大日山のルート全貌
Name:うら 21/06/01 16:32 No:24909 file:Garmin BaseCamp 2021-06-01 16-23-29.mp4


Windows10の録画機能を使い作成しました。

 
■卯辰山2
Name:うら 21/06/01 14:31 No:24908 file:DSC07743_2.JPG

 
■卯辰山1
Name:うら 21/06/01 14:30 No:24907 file:DSC07713_2.JPG

 
■画質チェック
Name:うら 21/06/01 14:14 No:24906 file:P6010349_2.JPG

 
■どれだけの画質かチェック
Name:うら 21/06/01 14:10 No:24905 file:P6010311_2.JPG

うん、そこそこですね。
※35o換算で420o

F6.3

 
■近所の公園で鳥を撮ってみた(^^;)
Name:うら 21/06/01 14:03 No:24904 file:P6010285_2.JPG

1時間ほど粘ってみましたが、まず鳥さんを見つけるのがたいへん。(^^;)
しかも下の達人のように10m圏内で見つけるなんてとてもできそうにない。(^^;)

本日の一番はこの程度です。(^^;)

E-M1 Mark2、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO、1.4倍テレコン

 
■この方のシャッター速度には驚いた(^^;)
Name:うら 21/06/01 10:09 No:24903 file:


最近、この方の動画をよく見ます。
この方のシャッター速度は私のこれまでの知識では考えられないようなスローシャッター。(^^;)
でも、徹底的に解像感を大事にしているということが分かります。すごい。(^^)
※ある意味プロ意識がちゃんと感じられる

FE200600なら購入できないことはないか・・・。
でも優先順位でいうと1番ではないかなー。(^^;)

 
■気になってもう一つ見てみたら
Name:うら 21/06/01 09:13 No:24902 file:


やはり難易度は相当上がっています。
こうなると技の精度が問われる。

 
■全日本トライアル第2戦小川選手優勝
Name:うら 21/06/01 08:22 No:24901 file:


いつみても小川選手の動きは無駄がない。(^^)

この大会、いつになく難易度が高いような気がする。(^^;)
この場所はツインリンクもてぎ。
ということは世界選手権が中止になってその会場を使ったということかな?

 
■スムーズジャズ
Name:うら 21/05/31 21:15 No:24900 file:ブライアン・シンプソン.jpg

1980年頃、私はフュージョンと言われるジャンルの音楽をよく聴いていました。

ジャズ全体の中で耳障りの良い軽いジャズをスムーズジャズと言うらしい。(^^;)
で、私は今では時々スムーズジャズ系を聴いたりしますが本当はそれよりも一ひねりも二ひねりもされたジャズが好みです。(^^;)

例えば、このブライアン・シンプソンはスムーズジャズでしょう。
長時間聴いていてもぜんぜん疲れません。でも、毎日聴こうとは思わない。(^^;)

ところが、フォープレイのThe Best Of fOURPLAYなどは毎日聴いていてもあきない。
自分でも不思議です。どこが違うんでしょうか・・・。(^^;)

 
■marantzの「30シリーズ」 VS DENONの「110周年記念モデル」で比較
Name:うら 21/05/31 10:27 No:24899 file:


ヘッドフォンで私も聴きました。
印象は『DENONアンプはよく鳴っている』でしたが、タナカズ・アイもほぼ同じでしたね。(^^;)

デノンのPMA-A110はModel 30より定価が6万円ほど高いのですが、これはModel 30にはないDACを内蔵しているのでこのことを考えるとほぼ同じとみることができる。

 
■64ジムニー、まなぶ先生の試乗レポート
Name:うら 21/05/31 09:47 No:24898 file:


まなぶさんが熱く語っています。(^^)
64型(JB64)というのは最新型。私のはJB23ですが、ジオメトリーのほとんどは同じ。サスにしてもほとんど同じです。(^^)

 
■re 私たちはおにぎり二つ
Name:うら 21/05/31 07:55 No:24897 file:

山の上で食べるおにぎりは格別です。いえ、ほんと!(^^)
ですが、これから夏に向けておにぎりがだめにならないのか、それが気になりますが。
女房殿曰く、
『コンビニのおにぎりなら大丈夫』
とのことでした。(^^;)
※防腐剤がたっぷりかかっているので(^^;)

 
■サスペンション
Name:うら 21/05/31 07:28 No:24896 file:


トーションビーム式サス。
このしなり(ねじれ)が理解できていない人がけっこういる。(^^;)
実は私もわかっていなかった。(^^;)

 
■大日山頂上
Name:うら 21/05/31 06:32 No:24895 file:大日山007.jpg

ご覧の通り。意外と人が多かった。
片道5qほどあってけっこう奥まっているんですけどねー。(^^;)

皆さん、それぞれにおいしそうな食事を楽しんでいましたが、私たちはおにぎり二つづつ。
おいしいものを食べるにはそれなりの重量を背負わなければなりませんからねー。(^^;)

 
■この日一番の景色
Name:うら 21/05/31 06:24 No:24894 file:大日山005.jpg

こうやってみると伝わってこない。(^^;)
ですが、まぎれもなくこれはこの日一番の景色でした。
皆さんにもおすそわけを。(^^)

私たちが歩いているのは石川県と福井県の県境。
右下に見えるのは福井県勝山市あたり。※たぶん(^^;)

『動けるうちに動く』
私たちのめったにない共通スローガンです。(^^;)

 
■大日山避難小屋付近
Name:うら 21/05/31 06:10 No:24893 file:大日山008.jpg

この笹やぶ、高さは私たちの胸ぐらいまであります。
道はまったく見えません。

ここまできたらこのように避難小屋が見えましたが、やっとのことで探し出しました。(^^;)

 
■石川県福井県県境あたり10q登山
Name:うら 21/05/30 20:13 No:24892 file:大日山・小大日山.jpg

今日はこのあたり(緑色線)を歩きました。
10qも歩いたのでさすがに疲れました。(^^;)

私たちの歩行スピードは時速1.5Kmほど。
なので10qは一日の縦走距離としては限界です。(^^;)
例によって、最後のほう、山の下り道では足がガクガク。
皆さんにとてもお見せできる歩き方ではありません。(^^;)

 
■EOS R3
Name:うら 21/05/29 17:21 No:24891 file:eos r3 02.jpg

申し訳ないけどまったく触手が動かない。(^^;)
見るからにプロ用ですね。

 
■自宅にて5
Name:うら 21/05/29 11:31 No:24890 file:DSC07572_2.JPG

 
■自宅にて4
Name:うら 21/05/29 11:29 No:24889 file:DSC07575_2.JPG

 
■祝4月度オーディオランキング1位!
Name:うら 21/05/29 10:50 No:24888 file:202104オーディオランキング.jpg

またまた1位です。4312G根強いですねー。(^^)
しかも、先月はアンプModel 30、ネットワークプレイヤーSACD 30nも揃って1位でした。
この調子だと年間ランキングでもそれぞれ1位を取りそう。

お仲間が大勢いるのかと思うとなんだかうれしい。(^^;)

PS;DaliのRubicon2はなかなかいいスピーカーなんですが取り上げる情報が非常に少ない。たぶん宣伝がへたなんでしょうね。(^^;)

 
■音のクリアさはダンピングファクターと無縁ではない
Name:うら 21/05/29 09:07 No:24887 file:

覚えてますか?(^^)
LUXMAN L-505uXIIのダンピングファクターは260。
対して、Model 30はな、な、なんと500。
約倍なんです。

ダンピングファクター(DF)=Zsp(Ω)/Zamp(Ω)

ここでZspはスピーカーのインピーダンス、Zampはパワーアンプの出力インピーダンスです。
スピーカーのインピーダンスは6Ω前後でどれも同じ。
ダンピングファクターが違うとすればアンプ側のインピーダンスが影響しているということになるわけですね。

回路の抵抗が低いとどうなるか?
そりゃ電気が流れやすくなる、と中学生でもわかる理屈ですよね。(^^;)
急激な電流変化に追従しやすいということが想像でき、すなわち、大電流を必要とする低域の表現力に特に差がでるのではと思うわけです。

事実、スピーカーはケーブルを変えただけでも音が変わると言われていますが、これなども回路内の抵抗が音を変えたと見ることができます。
※アンプ開発者はパワーアンプ最終段からスピーカー端子までの距離やそのケーブルの材質にまでこだわるという。

話を元に戻して、
ダンピングファクターが倍ほど違うとどうなるのか。
それはスピーカーケーブルを変えたのと同じことが起きるということにはなりませんか?(^^)
回路上に抵抗が大きくなると電流が流れるのにより時間がかかるようになり、それが低域の遅れとなって聴こえてくるのです。

とまあ、これは私の想像ですけどね。(^^;)

 
■re 聴き比べ
Name:うら 21/05/29 08:24 No:24886 file:

どれだけの人が聴き比べをしてくれたかはわかりませんが、今あらためて聴き返してもそれぞれの特長は感じられるのではと思いました。

4312Gはリビングルームに置いてあるのでやはり残響が強く感じられますね。
その点は差し引いて評価する必要があると思います。(^^;)

若干、あとから録音したRubicon2の音量が小さいのではと思われますが、ま、それは空気録音をしている以上まったく同じにすることは無理だろうと思います。(^^;)

Rubicon2のサブウーファーは、低域の音量をまだまだ上げることができますが私のほうで自主規制?(^^;)しています。

こうやって聴き比べると、
・JBL4312Gの低域はパンチがある
・Rubicon2+サブウーファの低域は柔らかい
ということがわかりますね。
Youtubeの多くのオーディオ評論家さんが言うにはJBLの低域は演出しすぎだとのこと。
そういう意味ではRubicon2+サブウーファのほうがその演出をあまりよく思わない皆さんには向いているのではと思います。(^^)
私はその演出はぜんぜん気になりませんけどね。(^^;)

それよりも、Rubicon2の透明感あふれる音は4312Gには無い素晴らしいもの。
※2WAYスピーカーならではのもの!
楽器の一つ一つがクリアになっていることがわかります。
それにプラス柔らかい低域(本当はこっちの音が原音に近いかもしれない)とくるわけですからこちらに軍配を上げる人がいたとしても私はまったく不思議ではありません。
さて、あなたさまはどっち?(^^)

 
■気になるB&W 705 702 signature
Name:うら 21/05/28 18:59 No:24885 file:


この人の話はなかなかストレートで歯に衣着せぬ物言いですが、『どれも素晴らしい』でお茶を濁すようなオーディオショップとは違ってとても信頼できる。(^^;)
この方の705に対する感想と、私のRubicon2に対する感想は非常に似ている。(^^)

 
■自宅にて3
Name:うら 21/05/28 15:05 No:24884 file:DSC07696_2.JPG

 
■自宅にて2
Name:うら 21/05/28 15:01 No:24883 file:DSC07640_2.JPG

 
■駐車場にて
Name:うら 21/05/28 14:30 No:24882 file:DSC07558_2.JPG

私のジムニー君。(^^)
なにげにメイドインJAPANのアルミホイールです。

スズキの車ってのはどれも独特の味がありますね。
この歳になってやっとそれが分かってきました。(^^;)

 
■自宅にて
Name:うら 21/05/28 14:26 No:24881 file:DSC07614_2.JPG

 
■バラ園にて7
Name:うら 21/05/28 14:20 No:24880 file:DSC07531_2.JPG

バラ園の隣がラグビー場でした。

 
■バラ園にて6
Name:うら 21/05/28 12:51 No:24879 file:DSC07436_2.JPG

今回の写真はこれまでとは少し違う。
今回はバラの花そのものが持つ力強さを素直に表現したかった。(^^;)

 
■バラ園にて5
Name:うら 21/05/28 12:49 No:24878 file:DSC07471_2.JPG

 
■バラ園にて4
Name:うら 21/05/28 12:46 No:24877 file:DSC07517_2.JPG

 
■バラ園にて3
Name:うら 21/05/28 12:45 No:24876 file:DSC07481_3.JPG

 
■バラ園にて2
Name:うら 21/05/28 12:44 No:24875 file:DSC07431_2.JPG

 
■バラ園にて
Name:うら 21/05/28 12:43 No:24874 file:DSC07412_2.JPG

 
■聴き比べ Rubicon2+サブウーファR-100SW〈再度アップ〉
Name:うら 21/05/28 09:31 No:24873 file:VOC_210528-0169.wav

サブウーファーはクリプシュ、R-100SW。
プレイヤーはSACD 30n、アンプはModel 30。
部屋は8畳和室。

部屋の残響が違うのであまりいい聴き比べにはなりませんが(^^;)一応参考にはなるのかなと思っています。
できればヘッドフォンでお聴きください。(^^)

改めて聴き比べると相当違いますね。(^^;)
JBL4312Gのほうがよく鳴っている気がします。(^^;)
だけど、Rubicon2グループのほうがやたら透明感は高い。

 
■聴き比べ JBL4312G
Name:うら 21/05/28 09:08 No:24871 file:VOC_210528-0167.wav

プレイヤーはND8006、アンプはLUXMAN L-505uXII。
サブウーファーはなし。
部屋は18畳リビングルーム。

録音機材:オリンパスLS-100 PCM 44.1kHz 24bit

 
■いいかげんだったので修正しました(^^;)
Name:うら 21/05/28 07:47 No:24870 file:

下のコメント、修正しました。(^^;)

>価格はポピュラーなもので2万円〜10万円

おそらく購入済みのブックシェルフスピーカーが10万円前後でしょうからそもそもそんな高いものを買うはずもない。(^^;)
おすすめはやはり5万円以内でしょう。(^^;)

 
■サブウーファーおさらい
Name:うら 21/05/27 21:55 No:24869 file:IMG_0538_5.JPG

サブウーファーが我が家に到着して約2か月ほどとなります。
ということで、操作や音に慣れてきたところで再度おさらいを行いたいと思います。

■サブウーファーはなぜ必要?
使用目的はずばりブックシェルフスピーカー等の低域補強。
ただし、ブックシェルフスピーカーはどれも低域が不足しているのかというとそうでもない。私が使用しているRubicon2などは驚くほどに低域が豊か。ならばどうして?
それはさらなる低域の迫力を求めたから。(^^;)
※ジャズ系ではあり余るほどの低域がほしい(^^;)
特に、小さな音量で音楽を聴く際はサブウーファーのありがたみがよくわかる。(^^;)

■価格
価格はポピュラーなもので2万円〜10万円。中にはそれ以上のものもあるが特殊なものだとお考え下さい。
※R-100SWは税込み5万円ほど

■スピーカーボックスは密閉型とバスレフ型
通常スピーカーと同じように圧倒的にバスレフ型が多い。※9割以上
私が購入したR-100SWもバスレフ型。
スピーカーボックス内にアンプを内蔵する。
アンプ出力は50〜200W。
このため、100V電源コンセントが一つ必要。

■接続方式
サブウーファーはプリメインアンプとラインケーブルによって接続される。
プリメインアンプの中にはウーファー接続端子を持ったもの(ケーブルは1本)があるがサブウーファー側にはあるものとないものがあるので気を付けたい。
また、スピーカーケーブルをサブウーファ側に直接差し込む形式のものもある。
※その場合はサブウーファから左右のスピーカーにケーブルで繋ぐ

■サブウーファーは通常は1個
左右それぞれにサブウーファーを置く人もいるが、ほとんどはLRの信号を両方取り込み1個で済ます場合が多い。
置き場所は使用しているスピーカーのセンターが望ましいが左右どちらかの外に置いても構わない。
すると低域は置かれた場所から聴こえると思いがちだが実はちゃんと真ん中から聴こえる。※実はそれは脳の思い込みなのだが(^^;)

■サブウーファーには位相切り替えがある
バスレフ型のスピーカー形式である以上、低域は必ず遅れて出てくる。そこで低域の遅れの違和感を軽減させるべく位相切り替え機能がある。
位相切り替えは180度切り替え。スイッチを入り切りしていて低域が大きく聴こえるようにスイッチを操作する。

■増幅する周波数帯を任意に設定する
ほとんどの場合、増幅する周波数を指定するツマミがあるので任意に設定する。
ブックシェルフスピーカーの再生可能周波数に合わせて調整する。

■増幅度はお好みで設定する
サブウーファーには低域音量をコントロールするツマミがある。
好みの大きさに合わせてセットする。
あまり増幅度を上げすぎると音楽としての違和感を感じるようになる。(^^;)
ただし、メインスピーカーの音量とリニアに反応することはないので多少はその都度補正しなければならないこともある。
※私は固定したままで使用しているが。

■サブウーファーはどのメーカーを選ぶ?
理想的なことを言うと、使用しているブックシェルフスピーカーと同じメーカーのものがよい。

■サブウーファーから出る低域はメインスピーカーの中高域を邪魔しないか?
まったく邪魔しない。安心してよい。(^^)

■テレビと接続できればなおよし!(^^)
最近のテレビはデジタル音声出力が可能だ。光ケーブルでCDプレイヤーもしくはネットワークプレイヤーに接続し、さらにそこからプリメインアンプに接続する。
※お使いの機器に接続端子が備わっているか要確認。
※テレビによってはウーファー接続端子をもつものもある

低域を補強すると映画の迫力がより伝わってくる。

以上です。サブウーファー購入を検討している方に参考になれば幸いです。(^^)

 
■re 冗談抜きで違って聴こえる
Name:うら 21/05/27 09:10 No:24868 file:

これは本当です。(^^)
ひょっとしたら先日の右の耳の突発性難聴があったせいなのかもしれませんし、オーディオをこれまで以上に一生懸命?聴いているせいかもしれませんが。(^^;)

 
■これまで聴いていたものとは明らかに違う!
Name:うら 21/05/27 08:34 No:24867 file:haw do you keep.jpg

何度も同じことをとお思いでしょうが(^^;)、すみません。
今朝はクインシー・ジョーンズ。
このアルバムをかけています。

うーん、違う。
ぜんぜん違う。
こんな音はこれまで聴いたことがない。

楽器の一つ一つ。
歌手の歌声。
吸い込まれるような透明感。
よく聴くとこれまでと何一つ同じものがない。
なんだか騙されている気さえする。

私はこれまで30年間、このアルバムのいったいなにを聴いていたのだろう・・・(^^;)
ピュアオーディオ、これはまさにピュアそのものだ。(^^;)

PS;冗談抜きで違って聴こえるんですよ!(^^)
皆さんも是非ピュアオーディオの世界へ!

 
■LUMIX GH5II
Name:うら 21/05/26 20:34 No:24865 file:lumix gh5II.jpg

面白いのが出てきましたねー。(^^)
あきらかにこれは動画撮影に振った性能です。
4K60p、これができるカメラはまだ少ない。

8Kなんて一般人にはほとんど必要ないと思っています。
だから今のところまったく興味なし。
それよりも4K120pのほうが使い道はある。※スロー再生で

4K60pで熱停止することなく無制限に記録できればそれ以上望むものはない。(^^;)

 
■CR-Vハイブリッド 0-100km/h
Name:うら 21/05/26 18:05 No:24864 file:crv0-100km.jpg

アクセルベタ踏み!
私のCR-Vハイブリッドは0-100km/hが7秒09でした。
これってスバルの1800GTレボーグよりもいいぞ。(^^)

 
■4312Gは
Name:うら 21/05/26 10:59 No:24863 file:DSC07284_2.JPG

4312GはネットーワークプレイヤーND8006+プリメインアンプLUXMAN L-505uXIIでドライブされています。

4312G、最近音がすごくよくなっています。(^^)
音像定位ではRubicon2に劣っているような気がしますが、ジャズ系の音楽を鳴らすと逆に定位していない分だけ音場再現性は高いのではないかと思えてきました。(^^;)
ジャズ系ステージの雰囲気がすごく伝わってきます。
これはちょっと不思議な感覚ですね。(^^;)

リビングルームと8畳間の差というのも影響しているのでしょう。
でも不思議と4312Gで聴くジャズは楽しい。(^^)
ピアノの音がすごくリアルに感じるし、シンバルなどの金属的な楽器でもRubicon2よりもそれらしく聴こえる。

4312GとRubicon2、これはお互いにないものを持ち合わせていて面白い組み合わせかもしれない。(^^;)
これはますます来月からはじまるApple Musicのロスレスオーディオ配信が楽しみだー。(^^)

 
■道標
Name:うら 21/05/25 15:23 No:24862 file:道標.jpg

先日の鞍掛山登山で、さっそくですが途中に道標のない分かれ道がありました。

やっぱりあるんです。(^^;)
この日私たちはピストン登山(上った道をそのまま降りるということ)でしたので適当に進んでしまいましたが、結局ああいった分かれ道の連続で道に迷ってしまうのでしょうね。

低山といえども気を付けねば。(^^;)

 
■残念ながら私の耳は・・・
Name:うら 21/05/25 08:22 No:24861 file:DSC02803_3.JPG

10年ほど前に左耳が突発性難聴を患い、そして今年の4月に右耳がまたそれを。(^^;)
ということで私の耳はとても正常といえる状態ではありません。(^^;)
※聴覚テスト上では右はなんとか聴こえてはいますが

左耳の聴こえが相当わるいので実は音像定位がおかしい。(^^;)
本来真ん中から聴こえるべきものがその日の体調によって左に寄ったり右に寄ったり。
どうも安定しないのです。

ま、贅沢言えばキリがありませんので『これでよし』としているのですけど。(^^;)

 
■犬小屋のその後
Name:おたけ 21/05/24 21:01 No:24857 file:_20210524_193846.JPG

完成した犬小屋に気持ち良く入って寝てます。
雨風でもびくともしないので安心なのでしょうか、クンクンと泣いている夜が全く無くなりました。
これで近所迷惑にならないのでひと安心です☺️
犬小屋の後ろに有るブルーベリーを落ちたら犬が食べちゃいます。

 
■小松市鞍掛山、再び
Name:うら 21/05/24 19:56 No:24856 file:kurakake 03.jpg

先々週ぐらいに一度登った鞍掛山(くらかけやま)。
今日は別ルートで登りました。(^^)
向こうに見える2こぶ山がそれ。

1時間半ほど歩きましたが今日は足はまったく問題なし。
どうやら私の体がやっと登山モードになってくれたようです。(^^;)

 
■久しぶりに自転車トレーニング
Name:うら 21/05/23 20:53 No:24855 file:20210523トレーニング2.jpg

一週間ぶりです。(^^;)
先週の土曜に登山してから3日ほど太ももが痛くて練習をさぼっておりました。(^^;)
ということで今日は少し頑張って走りました。

成果はご覧の通り。いつものヒルクライムでいつも以上のタイムが出ました。(^^;)
それでも私は192人中100位です。(^^;)
私の場合、毎日トレーニングするより適度に休みを入れた方がタイムは良くなる可能性が高い。(^^;)

 
■ストリーミングサービスはアーティストをも潤す?
Name:うら 21/05/23 10:39 No:24854 file:

ストリーミングサービスで再生された音楽はその再生回数に応じてロイヤリティが支払われます。
だったらすべてのソースがストリーミングサービスに対応すればいいじゃないかと思うんですが一部の音楽は対応していないのが現状です。
たとえばスマップの曲などがそれですよね。
残念ながらスマップの曲はAmazon Music HDやApple Music上で探そうとしてもまったくダメ。これらはまだ登録されていないのです。
ところが、ストリーミングサービスでのロイヤリティが年々増えてきて、Spotifyなどは2020年時点で権利者に230億ドル以上のロイヤリティを支払っているとのことです。
※某サイトからの情報

そうなると今現在もストリーミングで見つけられない音楽も事情が変わってきて、今後はありとあらゆる音楽がリリース直後からストリーミングに対応するのではないかと私などは無責任に期待しているところです。(^^;)

PS;CDが販売されると生産者はその時点ですぐにお金を得ることができるけど、その後CDが何百回再生されたとしても一円もお金は入らない。ところが、ストリーミングだとその音楽が再生されるたびにお金が入り、何年後かでリバイバルしたとするとその時点でまたお金がガッポリ入るということとなる。(^^;)
私などは竹内まりやさんにどれだけ貢献したことか・・・。(^^;)

 
■re ホタルの偵察に
Name:うら 21/05/23 07:16 No:24853 file:

おたけさん>

これ、これですよ!いい写真ですねー。(^^)
川の表現がなんといえず神秘的。※この世のものとは思えない(^^;)
この画をもっと掘り下げたらもっともっといい写真になると思いますよ。

たとえば、この画にもしも蛍の波打つ光が写っていたら・・・。
蛍の数の多い少ないは関係なし。
特賞間違いなし!(^^)

PS;奥の光はもう少し弱い方がいいと思う(^^)
いや、あの神秘的な川面をもっともっと見せるべきだと思う。(^^;)
止まって見える無骨な石と川面の柔らかさのコントラストがいいんだと思う。

 
■ホタルの偵察に(^^)
Name:おたけ 21/05/22 23:26 No:24852 file:DSC_3466_6.JPG

夕方偵察に行ってきました、沢山の人
ホタルの見物客より、近くにあるキャンプ場に他県からの車で一杯
バーベキューやら大型テントでワイワイやってるし、若い人たちが
密になってる!

肝心のホタルは、数匹でした。
よる気温が20℃以下に成っちゃうと飛ばないみたいです。

 
■今度のヴェゼルはeHEV
Name:うら 21/05/22 21:11 No:24851 file:

eHEVはホンダの2モーターハイブリッドのこと。
実は2年前に購入した私のCR-Vハイブリッドもこの方式です。
言ってみればヴェゼルのお兄さん的存在ということになりますね。(^^;)
※以前のハイブリッド(女房殿の旧ヴェゼル)は1モーター式。

たまたま今日は140qほど走りましたので忘れていた感触なども含めてレポートしてみたいと思います。

●一般道はほぼ電気自動車
このCR-Vハイブリッド、時速70km以下ぐらいならほとんど電気自動車といって差し支えありません。なぜならCR-Vハイブリッドは70q/h以下ではエンジン直結クラッチが作動することがないからです。
直結クラッチが作動したときだけエンジンの力で走行することとなります。
時速70q以下でもエンジンが回ることはありますがそれは発電のためです。
静止状態からアクセルをぐっと踏み込むと315NM(ニュートンメーター)というガソリン車なら3Lガソリンエンジン並みのトルクを発揮して気持ちよく1700sの車体を前に押し出します。少なくとも私はこの加速力に不満を感じたことは一度もありません。(^^)
これまで乗ったどの車よりもパワフルな加速力を持っています。

●静けさは3Lサルーン並み
一般道路を走っていてエンジンがかかっているかどうかはほとんど気にしたことはありませんし気になることもまったくありません。とにかく走行中の車内はとても静かです。
今度のヴェゼルハイブリッドも非常に静かだという報告をあちこちで見かけますが、このお兄さんもきっと引けを取ることはないでしょう。(^^)
ラジオを消してアクセルをぐっと踏み込むと、さすがにエンジン音が車内に聴こえてきますがこれも『うるさい』レベルでは決してありません。

●ハンドリングは極めて軽快!
CR-Vハイブリッドのみならず、最近のホンダ車はどれも乗り心地がいいですね。それは軽に乗ってもそれを感じます。(^^)
とにかくサスがよく伸び縮みする。そしてコーナリング時のハンドリングが実に小気味いい。狙ったラインを確実にトレースしてくれます。
私は30年ほど前のシビックシャトルにはじまって軽ストリート、ステップワゴンとホンダ車を何台か乗り継いできましたが、4年前に購入したシャトルハイブリッドぐらいからは乗り味がすごく良くなったという印象があります。
そして今度のCR-Vハイブリッドではさらにその乗り心地が熟成されたという印象です。

●燃費はそれなり(^^;)
CR-Vハイブリッドの前はプリウス30に10年ほど乗っていました。なので燃費については少々うるさい。(^^;)
で、このCR-Vハイブリッドは平均すると19q/Lといったところでしょう。
面白いのは街中での燃費はなかなかいい。高速道路を利用しなければ金沢市内を走っていても20q/L以上は確実にいくのではないでしょうか。
この巨体で20km/Lというのは上出来でしょう。(^^)
それと、ホンダは燃費命というコンセプトで車を作ってはいないでしょう。燃費はそれなり、トータルで楽しい車を目指しているのではと感じています。

●高速道路の静けさは普通
高速道路の静けさはタイヤに依存する度合いが大きいのですが、今日のCR-Vハイブリッドは高速道路での静けさは普通だろうと思いました。(^^;)
タイヤからは転がり音がそれなりに聴こえてきます。
高速道路での直進安定性も素晴らしく、運転しても疲れが少ない。

●見せかけのAWDではない
CR-VハイブリッドのAWDは期待以上です。トルク配分は50:50。後輪へのトルク伝達には油圧クラッチで制御されます。油圧が高まれば直結状態となり、圧が低くなると半クラッチ状態となって伝達トルクが弱まります。
時速95q以下ではほぼ常時4輪駆動状態となり、特にスタートダッシュ時には後輪駆動トルクが大きく働きます。※もちろん、前輪以上にトルクが出ることはありませんけど。(^^;)
今年の冬、CR-Vハイブリッド四駆は非常にいい仕事をしてくれました。
雪道での直進安定性はジムニーにも乗る私からしてもとても素晴らしいものでした。

●特筆すべきコーナリング性能
このCR-Vハイブリッド、ワインディングを走らせた時のコーナリング性能が非常にいい。ハンドルを切ってコーナーに入る時、なんだか内側に吸い込まれていくような感覚を覚えます。おそらく内側のタイヤにブレーキングしているからでしょうね。(^^)

以上です。久しぶりのロングドライブは非常に楽しかったということを付け加えておきましょう。(^^)

 
■そのお店の中庭
Name:うら 21/05/22 18:07 No:24850 file:DSC07408_2.JPG

中庭がとてもきれいだったので一枚。(^^)

※慌てて撮ったのでこんなものです。
手前にガラス戸を一枚はさんでいます。(^^;)

 
■ミシュラン一つ星
Name:うら 21/05/22 17:59 No:24849 file:DSC07379-5_2.JPG

あなたはミシュラン一つ星店で食事をしたことがありますか?(^^)
私は生れてはじめて今日それを体験しました。(^^;)

ところが、ところがです!
なんと、このお店がミシュラン一つ星を頂いたというニュースは一昨日知ったのですが、予約したのは一週間前なのです。(^^;)

私たちがここを訪れたのはこれで二度目。
ミシュランの話はまったくの偶然だったのです。
※前回訪れたときはまだ星を頂いていなかった(^^;)

 
■二輪の自動運転もあり?(^^)
Name:うら 21/05/22 10:08 No:24848 file:

 
■4312Gが売れ続ける訳は
Name:うら 21/05/22 07:48 No:24847 file:4312G 20210522.jpg

図は昨年の9月の売上ランキングですが、実はそれ以後現在に至るまで4312Gは売れ続けているようです。

このランキング。注目すべきはその価格。
10万円台ではなく10万円以上のランキングなのです。
その中で1位を取ったということになるのです。
※2位から4位はどれも1本20万円以上

これは私の勝手な推測ですが(^^;)
今この4312Gを購入しているユーザーは私と同じような年代の人達ではないのかなー。(^^;)
昔、JBLを使っていたというオールドファンがリタイヤして再度購入しているんじゃないかと思うわけです。

なにしろ、今から40年前はJBLは爆発的に売れていましたからね。(^^)

PS;私は4312G購入当時、このランキングをまったく知りませんでした。(^^;)
ランキング3位のB&W 702S2は私も気になっているスピーカーの一つです。(^^;)

【私は声を大にして言いたい(^^)】
今ちょっとでもオーディオをやってみたいと思っている同年代の皆さん、今日すぐにでも注文しましょう!(^^)

 
■ドルビーアトモスの空間オーディオ
Name:うら 21/05/21 22:27 No:24846 file:

Apple Musicは来月からロスレスオーディオ配信をはじめる。
と同時に、ドルビーアトモスの空間オーディオなるサービスも提供するようです。

これは言ってみれば音楽のサラウンド化。
音楽を360度で表現しようとするわけですね。

対応するハードウエアもぞくぞく出てくるでしょうし、対応ソースも急激に増えていくものと思われます。

え?そしたら既存のハードウエアはどうしたらいいの?(^^;)
ま、それはおいおいわかるとして、非常に楽しみですね。(^^)

おっと、
そういえば40年ほど前に、ビクターが4チャンネルステレオを販売していましたよね。(^^;)いってみればあれのデジタル版か?(^^;)

 
■L100 Classic 75がたったの50セット販売?
Name:うら 21/05/21 16:53 No:24844 file:

天下のJBLのL100 Classic 75がたった50セット販売ですか。
あるメーカーの最上級プリメインアンプが月に数台(10台以下)しか売れないという話も聞いたことがあります。

うーん、オーディオマニアってこんな程度の人数しかいないということなのですね。
なんだかさみしい。(^^;)

 
■今日の起動時画面
Name:うら 21/05/21 12:00 No:24843 file:kidouji.jpg

パソコンを起動するとマイクロソフトが用意した背景画が表示されますよね?
で、今日はちょっと目をひいたのでご紹介します。(^^)

 
■パーツの1つ1つがとても美しい!(^^)
Name:うら 21/05/21 08:54 No:24842 file:Model 30 TOP.jpg

下のコメントと関連しますが
抵抗やコンデンサーを1つ1つ吟味していることを考えると、パーツのレイアウトがとても美しく感じます。(^^)

余談ですが
電源トランスは電源周波数の影響でどうしても振動を発生する。
そしてその振動がプリアンプなどに伝わって音に悪影響を及ぼすという。
このため、トランスの取り付け方法にもすごくこだわっていて、場合によっては筐体に直接取り付けずに別の筐体を用意するメーカーもあるという。
※まさにModel 30がそれ
もちろん、トランスを液体で覆ってしまうという手法もある。
Model 30ではパワーアンプにクラスDを採用した。これはパワー効率が高いので電源トランスを小さくすることができる。小さくすれば振動も小さくなるのは当然だ。(^^)

 
■ピュアオーディオを実現するために
Name:うら 21/05/21 08:41 No:24841 file:

あるオーディオアンプメーカーの話。

定位を良くしたいがために抵抗やコンデンサー、そしてトランジスタを吟味しています。
左右まったく同じ音を出した場合に音はセンターに定位しますが、パーツの値が少しでも違うとそうはなりません。
このため抵抗やコンデンサー、トランジスタは数百個の中から同じ値のものを見つけ出して使用しています。
※真空管がペアで販売されているのはこのため

なるほど。さすがです。(^^)
50年ほど前に私も真空管アンプを作っていましたが、そんなことは夢にも思っていませんでした。(^^;)

 
■高解像度
Name:うら 21/05/21 08:22 No:24840 file:GEORGE BENSON.jpg

人の耳は年齢とともにだんだんと機能が低下していきます。
だとしたら、低域も高域も若い時より聞こえなくなっていくはずなのですが、今、目の前のオーディオ装置から出ている音はまぎれもなく40年前のものよりは中高域がくっきりはっきりと聴こえています。
※少なくともそう感じる!

え?ここでこの楽器が使われていたんだ?
昔のCDを聴いていてそう思うことが度々です。(^^;)

そう考えると毎日がなんだかありがたくなってきます。(^^)

ps;Rubicon2も4312Gも音の立ち上がりが非常にするどい

 
■梅雨のような連日の雨ですね。
Name:おたけ 21/05/20 21:41 No:24839 file:DSC_1305.JPG

今年の5月はこんなに雨が降るなんて驚きです。
毎年作ってたタマネギなのですが、今年から自家消費用の量しか作っていませんが、今までの作付けで今年のよな雨降ったら「田圃がぬかるんでドロドロ」
ほ場内の運搬手段で農民車成るものが動いてるのですが、これも駄目
堀取り機も収穫機もだめ、全て手作業状態に追い込まれていますが他の人に怒られそうですが、今年植えなくてよかった(^^;

あと意外なのが、ホタルがもう飛び始めています例年より20日から30日程度早い模様です。

写真は昨年のものです。

 
■2年前の榛名山ヒルクライム(^^;)
Name:うら 21/05/20 16:59 No:24838 file:


私は60歳代258人中172位だった。
自分でいうのもなんですが、残り3.6kmに力を残し過ぎました。(^^;)

PS;今振り返ると我ながらけっこう頑張ったようですね。ゴール手前、心拍数がずっと160以上となっていました。(^^;)

 
■なんと、L100 Classic 75が新発売
Name:うら 21/05/20 15:13 No:24837 file:L100 Classic 75.jpg

国内で50本とのこと。
※価格には台が含まれている

機種名の先頭にLが付いている製品はどちらかというと従来のスピーカー(4312Gなど)よりも低域が少し大人しく設計されていると認識していますが、それだったらJBLらしくないともいえるわけで、スピーカーの選択肢としては非常に微妙な位置にあると私は思っています。(^^;)
※価格が4312Gの倍もするんだけどそれに見合うかどうか・・・

ところで先月の10万円台スピーカーの販売台数はやはり4312Gがトップだったそうな。(^^)

どうやら巣籠り需要でオーディオ各製品が売れているのでそれに便乗しようとしているらしい。(^^;)
まさに私などはその典型だったのだろうと思うけど。(^^;)

PS;オーディオセットを2セットも買ったやつはそれほどいないかも?(^^;)

 
■Oregon 750には日本全国の主たる登山道が収録されている
Name:うら 21/05/19 20:59 No:24836 file:浅間山周辺と登山道.jpg

浅間山周辺とその登山道。
ルート上に崖マークがないか要チェック。(^^;)

おっと、
浅間山に表示されている黒い破線は登山道ではなく市町の境線ですね。(^^;)

 
■ガーミンOregon 750勉強中!
Name:うら 21/05/19 20:29 No:24835 file:先日の下り最大斜度.jpg

暇さえあれば使い方を勉強しています。
今日は新たな使い方を知りました。それがこの画面。

自分が歩いたルート、もしくはYamapなどからダウンロードしたGPSデータをご覧のような形で表示することができます。

左のグラフは横軸が歩いた距離、縦軸が山の高さとなります。
これを見ればある程度のルートの難易度がわかります。
また、2点を指定するとその間の平均斜度や距離、高さがわかりますのでさらに難易度を詳しく知ることができます。

もちろん、Basecamp(ガーミンが提供しているソフト)を使って任意のルートを設定し、そのコースのグラフをも表示することができます。

表示中のルートはグラフを見る限り左より右側の斜度がきつくなっています。なのでコースをどちら回りで進んだらいいかがわかります。私たちもあらかじめこのグラフを出して進行方向を右回りにするか左回りにするかを決定しました。もしも逆に行くとなると最初からきつい登山となることが予想されますね。(^^;)

グラフ画面右側の赤点位置にご注目。
なんとこの位置の斜度はマイナス103%。ものすごい斜度となっています。
実際、私はここの下りで太ももがケイレンしだしました。(^^;)

 
■来た!Apple Music新サービス!
Name:うら 21/05/19 10:44 No:24834 file:

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/05/apple-music-announces-spatial-audio-and-lossless-audio/

私が予想した通りとなりました。(^^)
アップルによるとApple Musicは来月からロスレスオーディオ(CDと同等かそれ以上)の信号を配信するとのこと。
しかも既存のユーザーは追加費用なしで利用できるとのことです。
詳しくはApple Musicのサイトでご確認ください。

私はこのことを早くから予想していたのでAmazon Music HDは先月解約していた。(^^;)
※料金はAmazon Music HDに合わせてくると思っていたが(^^;)

 
■スピーカーチェックに使ってください!(^^)
Name:うら 21/05/19 10:29 No:24833 file:


さあ、あなたのスピーカー、どこまで鳴らせますか?
このコンテンツはスピーカーとあなたの耳のチェックに使えます。(^^;)

私の右耳は医科大の先生がいうとおり30Hzまで聴こえました。
左耳は80Hz以下は聴こえませんでした。(^^;)

 
■庭先の菖蒲
Name:うら 21/05/18 10:50 No:24831 file:DSC07303_2.JPG

これ、菖蒲(しょうぶ)ですよね?(^^;)

PS;すみません、やはり間違っていました。女房殿に確認したらあやめでした。(^^;)

 
■中山千夏さんを今でも覚えているぞ(^^;)
Name:うら 21/05/18 10:30 No:24830 file:nakayamatinatu.jpg

先日、ふと『あなたの心に』を見つけました。(^^;)
で、ここ数日は毎日のようにこれを聴いています。(^^)

ではご一緒にどうぞ。(^^)
※今回も添付ファイルはありませんぞ。(^^;)

 
■南野陽子
Name:うら 21/05/18 10:01 No:24829 file:

今、南野陽子さんがNHKBSのドキュメンタリー番組に出ています。

思い出しました。
今から30数年前に私はサラリーマンをやっていて、会社から富士山の麓にある『管理者養成学校』に入学させられていました。(^^;)
※すみません。この話ここでは(20年間で)2度目かもしれません。(^^;)

そしてその時同じグループにテレビ局のディレクターがいまして、その場限りではありますが(^^;)親しくなったのでした。
で、どういうわけか私が『それなら南野陽子さんのサインでもいただけるのか?』と言ったらしく、学校を卒業したあとでそのサインが自宅に送られてきたのでした。
おお、あれは口から出まかせではなかったのかとえらく感心したことを今でも覚えています。

でも、あの色紙、どこにいったのかまったく見当たらないんですよ。残念!(^^;)

 
■電池が少なくなるとメッセージが表示される
Name:うら 21/05/18 09:45 No:24828 file:IMG_0667_2.JPG

これがそのメッセージ。
これが表示される前に警報音がなるはずです。
ただし、登山中はこれらのメッセージに気づかないことが十分考えられます。
なのであらかじめ設定した時間がきたら電池交換をしなければなりません。
そしてその時間というのが10時間経過した時点だということになりそうです。
※気温が低い場合はさらに短い時間で交換しなければならない

気を付けなければならないもう一つのこと。
それは一度この警報が出ると軌跡の記録がいったん終了してしまうということ。
電池を入れなおしたとしても軌跡の記録は自動的に開始されないのです。
これは要注意です。
電池を入れ替えたら自分の手で記録開始を操作しなければなりません。

 
■地図比較 国土地理院地形図
Name:うら 21/05/18 08:30 No:24827 file:地図比較 国土地理院.jpg

無料で使えるのだから文句は言えない。(^^;)
この画面を3D表示することができる。

 
■地図比較 basecamp
Name:うら 21/05/18 08:29 No:24826 file:地図比較 basecamp.jpg

ここで表示されるのはGarmin Oregon 750TJデバイス内にインストールされた地図。
※デバイスを接続しなければ地形図は表示されない

やはりこちらのほうが見やすい。(^^;)

地図情報は上の国土地理院のものとまったく同じ。
どうやら国土地理院のデータを利用しているようだ。

 
■Garmin Oregon 750TJ 電池消耗テスト
Name:うら 21/05/18 08:14 No:24825 file:IMG_0666_2.JPG

昨晩からもう一度テストしてみました。
・ディスプレイ節電オン
・電子コンパスオフ
・地図表示中画面
・Wi-Fiオフ
・Bluetoothオフ
以上の設定で14時時間使用できました。
今回使用した電池はパナソニックの1.2Vニッケル水素電池1900mAH。
※前回のテストは付属の充電池

今回の実験では昨晩から今朝にかけて装置はテーブルの上に置いたまま。
地図を表示するなどの操作はまったくしていなかったのですが、実際の登山では途中で位置確認のために何度も画面を表示しますのでそのたびに電池が消耗するはずです。
なので14時間使用できないものと思われます。

ま、前回のテストでも10時間持ちましたので今回も同じ程度ぐらいと思っていた方がよさそうです。(^^;)
日帰りの登山なら予備の電池が一組あれば十分でしょう。(^^)

 
■り;BS放送
Name:はりー 21/05/17 21:34 No:24824 file:

じゃ、残念ながら見られません。
BS写らないので(汗)



 
■re 添付忘れです(^^;
Name:うら 21/05/17 21:31 No:24823 file:

いえ、忘れてはいません。
BS放送を見てくださいという意味だったのです。(^^)

キビタキ、きれいですねー。(^^)

 
■り;どうぞご覧ください。(^^)
Name:はりー 21/05/17 21:25 No:24822 file:A6600720neat.jpg

うらさん、添付忘れです(^^;

キビタキ
Neat Image 試用

 
■水彩画の書き方、目からウロコ
Name:うら 21/05/17 19:24 No:24821 file:


マスキング液、初めて知りました。
マスキング液はあとではがします。
はがすと下の紙の白さが出てくるということ。

なーるほど。そういう方法もあったんですね。
それにスポンジで絵具を吸い取るという手法も納得。
勉強になりました。(^^)

 
■BSこころ旅、今週は石川県です!
Name:うら 21/05/17 07:46 No:24820 file:

どうぞご覧ください。(^^)

 
■たまにはジムニー君の話でも
Name:うら 21/05/17 07:32 No:24819 file:DSC06658_4 2.JPG

ジムニー君とCR-Vハイブリッドとではだんぜんジムニー君を乗ることが多いんです。
私にとっては『下駄』代わりとなって使われています。

さて、
このジムニー君、昨年の4月末日に私のところにやってきたわけですが、一年で1万5千qほど走行しました。
林道走行率は一般の人からすればたぶん多いのではと自負しているのですが(^^;)特に今年の冬は大活躍をしてくれました。

一年間このジムニー君に乗っていて思うことは、
『軽四てこんなにパワーがあったの?』
とにかくパワーがあるんです。
最大出力は64馬力でターボチャージャ付き。
この一年でパワー不足だと思ったことは一度もありせん。
それどころか、信号待ちからの加速でも普通車と比べて遜色はまったくなし。
強いて言うと、多少エンジン音がうるさいくらいです。(^^;)

普通車に比べて狭い?
いいえ、狭いからこそ林道でもスイスイと前に行けるんです。
お陰で私のジムニー君は両サイドの塗装が傷だらけ。(^^;)
小さいということはジムニー君の場合、むしろプラスに作用するんです。
林道の行き止まりでもジムニー君ならUターンして帰ってこれる。(^^;)

乗り心地が悪い?
はい、それは認めます。(^^;)
ですが、私のJB23はJB64用のスプリングに交換したらソフトになってすごく良くなりました。ただし、スプリングを柔らかくすることでコーナーでロールが大きくなってしまいました。要するに、遠心力によって車体がカーブの外側に大きく傾くということ。
多少のロールはしかたがありませんが、ジムニー君の場合は思った以上にロールが大きく、高速のハンドル切り替えしでは内側タイヤの接地が極端に危うくなってラインどりが難しくなることもあります。(^^;)

でも、それは誰にでも簡単に解決はできます。コーナリングのスピードを落とせばよいだけなのですから。(^^;)
最近は登山に行くことも多くなり、狭い林道で長時間駐車することが多くなったのですが、ジムニー君なら存在そのものが力強く、ほったらかしにしても何の心配もありません。(^^;)

 
■サードパーティーの電池は信用できない
Name:うら 21/05/17 06:18 No:24818 file:gopro hero8.jpg

全部が全部とは申しませんが、サードパーティーの電池は信用できない。
今回の登山でもGopro Hero8を使ったのですが、途中で録画不能となる始末。
前回の登山でもその傾向が見られたのですが原因が分かっていませんでした。

現象としては、
録画ボタンを押しても反応しないことがある。(最初は正常に動作するが)
電池を入れなおすと直る。

以上です。
で、Amazonで電池の評価を見ていると『最初から接触不良』というのがありました。
これです。私のもこれだったのです。

ということで、今年購入したばかりの電池ですがもう使わないこととし、昨日純正の電池を購入しました。
同様の症状でお困りの方は要注意です。(^^)

PS;この電池、何年も使用していると電池ケースが膨らんできます。膨らんできてもすぐにはダメになりませんが交換がよろしいようです。
※膨らんでくると電池がGoproに入らなくなる。(^^;)

 
■低域の出方は4312Gを超えたかもしれない
Name:うら 21/05/16 22:34 No:24817 file:yousui20210516.jpg

Rubicon2+R-100SWで陽水のGolden Bestを聴いています。
『夏の終わりのハーモニー』
低域がすごく柔らかくここちいい。(^^)

4312Gはどう頑張ってもこうはいかない。(^^;)
Dali、Rubicon2+R-100SW、恐るべし!

 
■Oregon750の電池の持ち
Name:うら 21/05/16 20:18 No:24816 file:

いろいろと工夫したら付属の充電池で10時間は持つということがわかりました。(^^;)

設定したのは、
・ディスプレイの節電オン
・電子コンパスの使用をオフ
などなど。

 
■なかなか操作性がいい国土地理院の3D地図
Name:うら 21/05/16 20:12 No:24815 file:3D地図.jpg

拡大・縮小、自由な角度から山を眺めることができます。

 
■地図から見えてくるもの
Name:うら 21/05/16 19:59 No:24814 file:地図の見方.jpg

劇下りというのは右上富士写ヶ岳から左下大内へのルートです。

等高線の間隔が狭いか広いかが問題。
そういえば今見るとけっこう間隔が狭い。(^^;)

もっと地図からいろんなことを見えてこないと・・・。(^^;)

一応、出発前には国土地理院の3D地図で山の傾斜なども確認はしたのですが(^^;)。

 
■re 三叉路に標識があるとは限らない
Name:うら 21/05/16 19:25 No:24813 file:

これは私のとんでもない勘違いでした。
今気づきました。
あれは三叉路ではなく登山道と県境の線でした。(^^;)
私の地図の見方が間違っていたのでした。(^^;)

そう、地図の見方からはじめなければなりませんね。(^^;)
失礼しました。
※三叉路に標識がないことがあるのは本当の話(^^;)

 
■榛名山ヒルクライムはやはり参加者が少なかった
Name:うら 21/05/16 15:10 No:24812 file:

前回私がエントリーした60代は参加者が250名ほど。
今回は40名ほどでした。
単純には推測できませんがそれでも1/5以下ではないかと・・・。

富士ヒルクライムも残念ながら私はキャンセルとします。これまた残念ですが。

 
■朝8時からぶっつづけ(^^;)
Name:うら 21/05/16 11:22 No:24811 file:The Man With The Horn.jpg

リビングで朝の8時からぶっ続けで4312TGを鳴らしています。(^^)

いやー、マイルスデイビス、いいですねー。
先日、マイルスのドキュメンタリーがNHKで放送されましたが非常に興味深かった。
私はあの放送があるまで彼のことはまったくと言っていいほど知らなかった。
当初彼は非常に地味な存在であって、コード進行を大事にした控えめな演奏者だったとのことです。

日本びいきだった彼はたびたび日本にやってきて、1975年に病気をして5年ほど活動を停止していたそうな。
そして1980年に復活し最初に出したアルバムがこのThe Man With the Honeでした。
当時、私はこの曲を聴いてすごくしびれました。(^^;)
誰かしらなかったけどギタリストの演奏も気に入りました。
これまで聴いていたどんなジャンルの音楽とも違っていて私は当時毎日聴いていました。
絞り出すようなミュートのかかったトランペットの音が、彼そのものの声のように聴こえたものです。(^^)

 
■お別れ撮影会の結果
Name:うら 21/05/16 08:42 No:24810 file:お別れ撮影会.jpg

http://hokusharen.jp/sub2owakare20/sub2owakare20.html

私も今回は2枚出しました。
で、このページの一番下にかろうじてひっかかりました。
(^^;)
私としてはもう一枚のほうがいいできだと思っていたのでしたが。(^^;)
私が入っているこの写真クラブは県内ではもっとも大きなもの。
500名会員のうち、今回は80名ほどの参加でした。
このイベントはこの時期毎年行われているもの。
私としてはレベルの高い(かどうかは?)イベントで上位に入賞できることがけっこう嬉しかったりする。(^^;)
でも、ここだけの話。クラブ内のイベントでは新入会員にやさしく、既存会員にはそれなりに対応するというのがお決まり。(^^;)

 
■榛名山ヒルクライム、今やってます
Name:うら 21/05/16 08:32 No:24809 file:haruna.jpg

開催の賛否についてはいろんなご意見はあるとは思います。
私としてはここまでして開催するというスタッフの皆さんに敬意を表します。

今年は天気がわるそうですね。
タイム的には気温が上がるより下がるほうがいいのでしょうけど。
画面はゴール地点のもの。
ゴール手前3qが平均斜度10%ほどのきついもの。
※最大斜度は14%ほど
前回の大会では私はその3qに余力を残し過ぎました。(^^;)

 
■三叉路に標識があるとは限らない
Name:うら 21/05/16 07:25 No:24808 file:

昨日、小倉谷山から富士写ヶ岳へ行く途中、私たちは三叉路を探しました。
GPSがあるので自分の位置は常にわかっているので、三叉路までの距離はおおよそ理解していました。

ところが、どこまでいっても三叉路が見当たらないのです。
そしてしばらくしてGPS上では三叉路を通過したことを知ったのです。
ん?ということは・・・。
そうなんです。三叉路に気づかなかったのです。
そっか、こういうこともあるんですねー。
もしも私たちがGPSを持っていなかったら・・・(^^;)

山では視界が良ければこれから行こうとする山頂が目で確認することができますが、天気が悪いとそれもできません。
それに目で確認したとしても地図を持っていない場合は勘違いすることもあり得ます。
こういうこともあってGPSMAPは必ず持参したいですね。(^^)

 
■トレイルラン
Name:うら 21/05/16 06:59 No:24807 file:

低山を登山しているとトレイルランをしている人とよく出会います。
いやー、あの人たちはすごいですねー。
まず、驚くほど軽装です。
リュックは私たちの半分以下。
中に入っているのはおそらく水だけでしょう。(^^;)
しかも水はペットボトル2本ほど。
熊鈴は付けている人もいればいない人もいる。
昨日は若い女性で生足に短パンという人もいました。(^^;)

彼らのスピードは私たちの倍以上ではないでしょうか。(^^;)
中にはトレーニングのためでしょうけどサンダル履きの人もいました。(^^;)

 
■遭難は誰にでもあり得る
Name:うら 21/05/16 06:47 No:24806 file:

昨日の富士写ヶ岳から大内に下山する際、私も女房も足を滑らせ一度コケました。(^^;)
幸い二人とも大丈夫でしたが、これは一つ間違えるともっとひどいことになる可能性がありました。
ルート上にいましたので遭難することはなさそうですが、それでも滑落の可能性はいたるところにありました。

初心者が危ないと思うところはたいていはロープが張ってあって、ロープさえ握っていればそれほど危険ではありません。
ですが、ロープがないところでも危険な個所はよくあります。

登山は楽しいのですが危険と隣り合わせ。無理は禁物ですね。(^^;)

GPSの電池がなくなったのにはびっくり。(^^;)
実はこの可能性があると思って予備の電池は持参していました。
さらに、装置が故障する可能性もあると思い、紙の地図も用意していました。
※私は必ず用意すると決めています
それにしても16時間電池がもつと聴いていましたから4時間ほどで『電池の電圧が下がっています』のメッセージにはびっくりしたと同時に故障も疑いました。(^^;)
今日はこれから電池がどれだけ持つのかをテストしようと思っています。(^^)

マニュアルによると電池を長持ちさせるためにはバックライトの点灯、電子コンパスモードの使用、地図画面表示の使用を控えるようにと記述されていました。

 
■富士写ヶ岳から山中温泉大内へ下山
Name:うら 21/05/15 20:35 No:24805 file:GH010157.MP4



皆さんに素晴らしい景色をおすそ分け。(^^)

 
■富士写ヶ岳
Name:うら 21/05/15 17:10 No:24804 file:富士写ヶ岳20210515.jpg

今日は登山客が少なかった。(^^;)
私たちを含めて5人だった。

ここから下山となるのですがたいへんでした。(^^;)
とにかく劇下りなのです。(^^;)
途中ふとももがケイレンしだしてしまって。(^^;)
今回は体力的にも少しは自信があったのですが甘かった。(^^;)
女房殿の万歩計によると今日の歩数は1万6千歩。
歩数はそれほどでもないのですが・・・。

 
■小倉谷
Name:うら 21/05/15 17:01 No:24803 file:小倉谷20210515.jpg

小倉谷山というところを通ってこのあと先週登った富士写ヶ岳へ。
このころはまだ元気だった。(^^;)

遠くに白山が見えます。眺望はとても良かった。(^^)

 
■火燈山
Name:うら 21/05/15 16:54 No:24802 file:火燈山20210515.jpg

先ほど戻りました。
いやー、疲れました。(^^;)
5時間どころか7時間もかかってしまいました。
最後の富士写ヶ岳からの下山がもうたいへん。(^^;)
二人とも足がガクガクで、私がケイレンを起こす始末。(^^;)
で、本来なら1時間ほどで下山できるルートを1時間半もかかってしまいました。

今回ははじめてのGPSMAPの使用。
新品の電池を入れたにもかかわらず途中電池がなくなるという事態に。
どうやら節電モードにしないと電池がもたないようです。(^^;)
それ以後は電池を交換して節電モードに変更。
なんとか終着点まで記録できたようです。(^^;)

 
■やまれこ
Name:うら 21/05/14 18:02 No:24801 file:yamareco.jpg

やまれこはもう一つの登山データ共有サイト。
内容はヤマップとほぼ同じか。

****** End Of Data ******




★お友達サイト★
はりーさん FA43mmF1.9Limited
くりまんじゅうさん YUME-NO-NAKADE
hiroさん お散歩写真 横浜
tsubakiさん 一期一会
あるさん 菊美台だより
おたけさん 魚釣りのホームページ